カラス屋、カラスを食べる

カラス屋、カラスを食べる
松原 始

カラスを愛しカラスに愛されたマツバラ先生が、フィールドワークという名の大ぼうけんを綴ります。「カラスの肉は生ゴミ味!?」「カラスは女子供をバカにする!?」クレイジーな日常を覗けば、カラスの、そして動物たちの愛らしい生き様が見えてくる!

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる