毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

神様のコドモ

神様のコドモ
山田 悠介

当初、山田悠介ファンは「怖くて大好き!」という人が多かった。が、ここ数年、「泣けるから好き!」「感動できるから好き!」という人も増えている。山田悠介の描く、感動ショートショートも…

2016.04.12

「桃太郎」は、仲間を引き連れて鬼を退治しにいく――という、世にも有名な昔話だ。それが、山田悠介の手にかかってアレンジされると、驚きの展開に……。

2016.04.10

ある日、神様の子のもとへ、大量の“魂”がやってきて、こう言う。「たくさんの女性を傷つけ、たくさんの命を奪った男を、毎日毎日追いかけ回して、恐怖のどん底へ突き落してやりたい」毎日毎…

2016.04.08

前回に引き続き、鳥肌ものの恐怖の物語。「特殊清掃人」とは、変死体や腐乱死体を掃除するのが仕事だ。清掃人が、ある変死体の掃除のときに、国の暗部ともいえる大きな秘密を見つけてしまう―…

2016.04.06

「山田悠介作品は、怖いから好き!」という声は多い。そこで、今回から2回連続で、鳥肌モノの恐怖と毒々しさがある物語を、紹介したい。

2016.04.04

前回の物語にあったように、神様には、人間たちの「運命の赤い糸」がすべて見えている。しかも自由自在だ。だが、見えているからこその、悲しみもある。

2016.04.02

神様は天上界にいて、いつでも私たち人間のことを見ている。だからこそ、もし私たちがズルい事や悪いことをすればバチが当たるし、頑張れば幸せのプレゼントがもらえる――。そう! 神様は何…

2016.03.31

殺人者が、反省もせず、うまく逃げ切ってのうのうと生きていたら――?何の抵抗もできない弱者をイジメて、いい気になってる大人がいたら――?山田悠介の新作『神様のコドモ』は、現代日本の…

2016.03.29

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!