毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

カマキリ

カマキリ
小川 凛

ある日、一人の少年が両親に宛てた遺書を残して消えた。自殺か、それとも――?
少年が消息をたつまえ、付き合いのあった医者・鈴木一郎はその行方を「少年の死」としては素直に納得することはできなかった。
※本連載は旧Webサイト(Webマガジン幻冬舎)からの移行コンテンツです。幻冬舎plusでは2006/07/15のみの掲載となっております。

 

突然に家を訪れた大家さんは、なぜかすんなり帰った。奥の部屋に誰か人がいることは確認したのに、それ以上、深く詮索することもなく。そして、その後、家の中は急展開を迎えたようだった……。

2006.07.15

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!