毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

カマキリ

カマキリ
小川 凛

ある日、一人の少年が両親に宛てた遺書を残して消えた。自殺か、それとも――?
少年が消息をたつまえ、付き合いのあった医者・鈴木一郎はその行方を「少年の死」としては素直に納得することはできなかった。
※本連載は旧Webサイト(Webマガジン幻冬舎)からの移行コンテンツです。幻冬舎plusでは2006/07/15のみの掲載となっております。

 

突然に家を訪れた大家さんは、なぜかすんなり帰った。奥の部屋に誰か人がいることは確認したのに、それ以上、深く詮索することもなく。そして、その後、家の中は急展開を迎えたようだった……。

2006.07.15

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!