毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

次元上昇日記

次元上昇日記
辛酸 なめ子

「次元上昇」とは? それは「アセンション」のこと。では、「アセンション」とは何か……。いろいろな意味があるので、ネットを検索してみて下さい。しかし、辛酸なめ子さんにとって、それは日々、功徳を積んで善行マイレージを貯め、それがある閾値に達すると得られる高い次元のこと。この連載は、その善行マイレージを貯め次元上昇をめざす一人の女性の抱腹絶倒、試行錯誤の記録です。

この連載が電子書籍になりました!『次元上昇日記 ベストセレクション50

NEW

ネットのニュースのコメント欄の匿名コメントを見ていると、真綿で締め付けるような悪口だったり、イヤミだったり端的な批判が並んでいて、何ページも読み続けてしまったら次の日具合が悪くな…

2017.04.28

別れもあれば出会いもある季節。ただ、前だけを見て進みたい……

2017.04.25

「オール学習院の集い」に行ったら、道で聞こえてきた親子の会話。

2017.04.21

先週、まだ桜が咲いていた頃、雨の中、天王洲アイル近辺のまつりに行きました。 運河まつりの方は、前から住んでいる地元の人が集まっている印象。桜並木がずっと続いていて花見の場所として…

2017.04.18

最近エジプトづいています。 毎号、センスと厚みがすごい「commons&sense」の編集長、佐々木さん が「TEEED」という新しい試みを始めたそうで、展示会に行きました。 T…

2017.04.14

先日、仕事で千葉のホテルにひとり宿泊。 部屋はきれいで快適でベッドは新幹線のグリーン車のシートと同じだそうでした。確かに弾力がいい感じ。大通り沿いでわりと寂しい場所で近くに川があ…

2017.04.11

絶世の美女はえげつない。そんな話をひさしぶりのエステで聞きました。最初は芸術の話題を普通にしていたのです。B・Xのゴットハンドの渡邊さんがミュシャ展に行ったら激混みだったという話…

2017.04.07

31日、ブラックベリーが終了するのでドコモショップに解約に行きました。予約していたので、わりとあっけなく終わりました。しばらくして、画面の上のNTT docomoと出ている部分に…

2017.04.03

テレビから突然流れてきた「肛門と膣を閉めるように……」という音声に動揺。尿漏れ防止のエクササイズでした。

2017.03.30

帝国劇場の「SHOCK」についての展示が読売新聞の建物の二階で無料で開催されていました。

2017.03.27

先日、キュレーションサイト「HATCH」のイベントが神楽坂のla kaguでありました。

2017.03.23

今週はサウジアラビアの王族を探して二日間銀座を歩き回っていました。

2017.03.18

先日、金曜夜にひとりそっくり館キサラに行きました。

2017.03.15

ディーゼルのギャラリーのKYOTAROさん(実体は美女)の展示に行き、宇宙的な才能に感じ入りました。

2017.03.10

館内でいくらかお金を使った人が全員招待されるっぽい、表参道ヒルズ11周年スペシャルパーティー にちょっと行きました。

2017.03.07

私が何か能動的に食事会を企画したり、イベントに誘ったりすると、かなりの確率でキャンセルが発生します。先日も、一日に二回、会う予定の友人・知人からキャンセルが……。ちょっと前にも当…

2017.03.03

天然石オタ気味なので外せないイベント、ミネラルショーへ。ギベオン隕石やスピリットクオーツ、ラブラドライト、フローライト、ハーキマーダイヤモンド、タイガーアイ、アンモナイトなど買い…

2017.02.28

結局は真偽が不明ですが、細胞にストレスを与えると万能細胞になる、という小保方さんの説を心のどこかで信じていたい自分がいます。最近、試練が多いです。感謝というポジティブな思いで、心…

2017.02.25

先日、ケルティック能「鷹姫」を観に行きました。

2017.02.21

このままブラックベリーと一緒に心中しそうな今日この頃。

2017.02.17

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!