毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

ピンヒールははかない

ピンヒールははかない
佐久間 裕美子

彼が死んだとわかってすぐに―

2017.01.20

まるまる一ヶ月、西海岸を旅することにした

2017.01.10

ある日、フェイスブックを開けて目に入ってきたポストに凍りついた

2016.12.20

気がつくと涙がダラダラと出て止まらなくなった

2016.12.10

「death 死」という言葉にはっとなった。

2016.11.20

I Don't Know How She Does

2016.11.10

ジュディは、最近、5年ほど付き合ってきたボーイフレンドと別れた。

2016.10.20

女友達が次々と妊娠・出産して、これまで以上に、赤ちゃんや子供たちに囲まれるようになった。

2016.10.10

この夏、私は、夏休みを5日間とって、断食をした。

2016.09.20

若い頃の自分を思い出すと、よくあんなに怖いもの知らずだったなと呆れるような感心するような気持ちになる。

2016.09.10

ミレニアル、と呼ばれる世代のセクシュアリティに対する態度は、格段に自由だ。

2016.08.20

先生であるひこちゃんが、ある朝、レッスンのあと、こういった

2016.08.10

これまでたくさんの冒険を一緒にしてきた。

2016.07.20

ニューヨークで一番古い女友達のひとりがカリフォルニアに引っ越すという

2016.07.10

すご腕の「シリアル・データー」、いつもデートをしているキャロラインは、最終的に人生を一緒に歩む「ミスター・ライト」を真剣に探している。あるとき、いくつかの辛い別れを経験した彼女は…

2016.06.10

ディナーが終わる頃になると彼女からテキスト(SMS)が来ることがある。

2016.05.20

大人になる過程で、自分がすぐ友達になれる女性には、いくつかタイプがあることがわかってきた。

2016.05.10

ニューヨークで暮らすようになって、20年近くになる。学生時代に旅行で訪れて以来、ニューヨークは、私にとって自由を象徴する街だった。

2016.04.21

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!