毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

本屋の時間

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

NEW

Titleは小さな本屋ですので、当然世の中に出ている本のすべてを置いている訳ではありません。しかしどんなに大きな店やネット書店でも、その時たまたま売り切れていたり、様々な理由から…

2017.05.01

Titleの2階に上がる階段の下には、一般の書店ではあまり見かけることのない、主に個人が自主制作したリトルプレスの棚があります(様々な呼称がありますがTitleではリトルプレスと…

2017.04.15

店内で出版社の友人と話をしていると、その後ろにマンガ雑誌と小さな財布を持った小学生らしき男の子が並んでいました。その子の会計を済ませると「ありがとうございました……」とはにかんだ…

2017.04.01

はじめて会う人でも、その人となりは多くの場合、出会った瞬間に伝わるものです。顔の表情、声色とその大きさ、身体の動きなど、私たちはその人から様々な情報を瞬時に感じ取り、内面をある程…

2017.03.15

 先日の2月21日、22日の二日間『本屋、はじめました』のプロモーションで、生まれ故郷の神戸と、その隣の大阪でトークイベントを行いました。二つの会場とも大入り満員で、来て頂いたお…

2017.03.01

先月に発売した初めての著作『本屋、はじめました』と同時期に、ある書店主の本が発売になりました。大井実さんが書いた『ローカルブックストアである 福岡ブックスキューブリック』(晶文社…

2017.02.15

Titleの近くで行われたお祭りの日に、自分の持っていた本を店内で売ったことがあります。自分の家の本棚にあった本が、目の前で知らない誰かにわたっていく……。レジを打つときに、プロ…

2017.02.01

Titleは先日の1月10日、開店一周年を迎えました。この一年の間には近所の方はもちろんですが、北は北海道の知床から、南は沖縄の与那国島まで、さまざまな地域の方にもお越しいただき…

2017.01.15

 あけましておめでとうございます。今年も「本屋の時間」をよろしくお願いします。 正月の本屋には、普段よりは少しゆったりとした時間が流れています。そんな気分を反映してか、時間がある…

2017.01.03

毎日、本屋にはその日発売の新刊が入ってきます。朝、新刊が入っている箱を開封し、取り出した本の大きさや表紙、手に持った感じなどを確かめながら、一つ一つその本の置き場所を決めていきま…

2016.12.15

はじめまして。Titleという本屋を営んでおります辻山良雄と申します。Titleは東京の西にある荻窪駅から10分少々歩いたところに店があり、今年の一月に開店しました。まもなくでき…

2016.12.01

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!