毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

40歳からのハローギター

40歳からのハローギター
コミック:たかしま てつを,文:納富 廉邦

実は私は、電話で人と話しながら原稿を書く事ができる。口と手は別だから、さほど難しいことではない。テレビを見ながら本やSNSを読んだり、音楽を聴きながら掃除をしたり、喋りながら歩い…

2017.03.25

前回の作曲編で、「ドラマやアニメのバンド物では、歌詞で悩むことはあっても、曲は簡単に作っているように見える」というようなことを書いた。実際に作ってみると、曲作りも相当悩むのだけど…

2017.03.18

映画やアニメのバンドものでは、バンドを始めたばっかりの初心者が、結構すぐにオリジナル曲を作る。しかも、みんな歌詞では悩むくせに、メロディは簡単にできてしまうっぽい。

2017.03.11

「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉は、何となく胡散臭いと思うのは、私が田舎者だからだろうか。五代目古今亭志ん生が、「武士、鰹、大名小路、広小路、茶店、紫、東錦絵、火事と喧嘩と中っ…

2017.03.04

人にはアタッチメント願望というか、周辺機器幻想というか、オプションへのあこがれというか、そういうものは確かにあると思う。マジンガーZがジェットスクランダーを装着することで空を飛ぶ…

2017.02.25

大人がバンドを始めるのは難しくない。楽器を買うのも、スタジオに入るのも学生に比べてすんなり出来てしまう。そして継続するのも、さほど難しくない。いちいちケンカすることもないし、誰か…

2017.02.11

若い頃、50歳でもバンドをやっているという未来は、想像していなかったような気がする。それに、ずっと楽器は弄っていたけれど、メンバーを集めて、スケジュールを調整してとか考えるだけで…

2017.02.04

ギターを弾いていて、つい思ってしまうことは、「だから西洋人が発明した楽器はー」という言葉。例えば、指が届かない、例えば、しっかり押さえられない、例えば、ギターが重くて持ってられな…

2017.01.28

ギターを弾くのは、それは楽しい。ネットでコードを検索して、ジャカジャカとコードを鳴らしながら歌っていれば、あっという間に夜が明けるし、弾けないフレーズを反復練習していれば、1時間…

2017.01.21

結構前から、ギターが繋げるカラオケボックスがあるらしいという話は聞いていた。しかし、様子が掴めないというか、周囲で行ったという人の話も聞かないし、いわゆる音ゲーのような事ができる…

2017.01.14

ギターは増殖する。これは、紛れもない事実だ。ギターを買って、そのギターで一所懸命練習して、何となく弾けるような気がし始めた頃、ふと冷静に自分の部屋を見ると、何故かギターが2、3本…

2016.12.23

カメラ好きと写真好きが全然別の趣味であるというのは、もう常識で、そこまでではないけれど、音楽ファンとギター好きも微妙に違う。大きく違うのは情報の集め方だ。

2016.12.17

アコースティックギターは、それが例えミニギターでも、流石に深夜に弾くわけにはいかない。だから、練習はどうしても休みの日になってしまって、大人には難しい。早く帰って、夕食前に弾くな…

2016.12.10

大人はアコースティック、というイメージというか社会風潮というか同調圧力というか、そういうものは確かにある。よく分からないけれど「いい大人がエレキギターか」的な、「最近はガットギタ…

2016.12.03

ギターが有り難いのは、これ一台でリズム楽器にもメロディ楽器にもなるところだ。ライブなんかで大きな顔して弾いていられるのは、偏に、このどういう状態でもメインを張れる万能性にある。

2016.11.26

初めてバンドを組んで、初めて練習スタジオに行ったのは、中学2年生の時だった。だから、その時、どう思ったか、正直あまり憶えていない。ただ、そこに行かないとバンドが出来ない、と思って…

2016.11.19

エレキギターを弾いていて一番気持ちいい瞬間は、大きな音でギャーンとコードをならす時だ。これはもう、誰がなんと言おうと譲れない。

2016.11.12

ギターを持った渡り鳥、小林旭演じる滝伸次も、人造人間キカイダーことギターの二郎も、シックスストリングサムライのバディも、映画やドラマのヒーローたちは、ギターをそのまま背中に背負っ…

2016.11.05

日本画家であり、美人画を50年ぶりに復活させて、画集「美人画づくし」を監修した友人のI画伯は、とても色っぽい女性の絵を描くのだけど、彼の絵を買うコレクターの多くは、家族が嫌がるし…

2016.10.29

江戸の町には三味線のお師匠さんが、町々にいて、清元やら常磐津やら長唄やらを教えていたのだけど、そのお師匠さんは、大体、芸者上がりのちょっと色っぽい20代後半のお姐さん。そこに、師…

2016.10.22

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!