毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

軍歌を見れば、日本がわかる

軍歌を見れば、日本がわかる
辻田 真佐憲

『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』の刊行を記念した本連載も最終回となりました。古臭くていかめしく、自分とは関係ないと思いがちな軍歌ですが、つぶさに見ていくと日本の辿ってきた歴史の意…

2014.08.21

エログロナンセンス隆盛から検閲の時代へ 今回は、「1930年代の〈クールジャパン〉」をキーワードに、軍歌について考えてみたいと思います。

2014.08.11

世の中には軍歌を「戦時歌謡」と区別したり、あるいは軍歌を「国民歌」や「愛国歌」と呼んだりする人がいます。いや、そんな人知らないといわれるかもしれませんが、軍歌研究の世界には、軍歌…

2014.08.05

新書『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』の刊行にともないはじまった本連載。第1回(「戦前日本ではなぜトンデモ軍歌が溢れていたのか」)では、「爆弾位は手で受けよ」という軍歌を歌う戦前日…

2014.07.31

今日、軍歌というと、軍部が民衆に押し付けた退屈な音楽だと思うのではないでしょうか。街宣車から鳴り響く物々しい音楽を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、実際は、軍歌は戦前の…

2014.07.28

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!