毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

from幻冬舎

from幻冬舎

メディアで紹介された書籍一覧です。情報は更新いたします。リンク先に書籍詳細が掲載されています。

2017.03.22

英語学習の最強の味方、あのビッグ・ファット・キャットが帰ってきた!

2017.03.20

幻冬舎文庫のキャラノベ。今月の新刊は、インパクトのある2作です!相撲に青春をかける『すもうガールズ』は、一生懸命なその様子に、思わず涙してしまうかも! 対人恐怖症のへたれ探偵と、…

2017.03.18

森見登美彦さんの人気シリーズ『有頂天家族 二代目の帰朝』が、「有頂天家族2」として4月9日よりテレビアニメとして放送されます。それに伴い、いちはやく、『有頂天家族 二代目の帰朝』…

2017.03.17

またまた待望のお知らせです。これまで、『ストロベリーナイト』『ジウ』『武士道』他、数々の惚れシビレまくる登場人物やストーリーで、私たちのハートを何度も打ち抜いてきた誉田哲也さん。…

2017.03.16

まもなく、アニメ「有頂天家族2」のテレビ放送が始まります。それにともない、「第一部『有頂天家族』の文庫が、新カバーになりました。しかもアニメの特別帯つきです。そして、第二部『有頂…

2017.03.16

新しい年度のスタートにあたり、あなたの勇気ある選択をそっと後押しする電子書籍をご案内します。

2017.03.15

お笑い芸人の佐久間一行が初の絵本を刊行します。全800ページ、厚み4センチ、重さ1キロ。でも10分で読めちゃう。子供から大人まで心揺さぶられる名作の誕生です。

2017.03.13

3月新刊は驚く超個性派ぞろい! 手前味噌ですがホント凄い。

2017.03.13

仕事をしている人だったら、テレビでウェブで電車で街頭で、「AI」の2文字を見ない日はないのでは? AI時代に必要な能力は「STEM」(Science, Technology, E…

2017.03.12

好きな作品、面白かった作品に出会うと、人と語り合いたくなるものです。なのに、自分の気持ちにぴったりの言葉がうまく出てこないときはないでしょうか。そういうときこそ、読書の達人たちの…

2017.03.11

恋に悩まない人はいない!?愛する人との超感動物語、はたまた涙無くしては語れない失恋秘話……あなたの体験を送ってください。編集部の厳正なる審査のうえ、1名の体験談を人気作詞家・小竹…

2017.03.10

言葉をうまく使う、写真をキレイに撮る、SNS時代にはそんな技術やセンスが大事です。でもそれは、「いいね!」やフォロワーを増やすためだけにがんばって身につけているのでしょうか?

2017.03.09

2015年のドイツ版に引き続き、アメリカでの出版決定を先頃お知らせした『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(菅直人著、幻冬舎新書)の英語版———“My Nuclear …

2017.03.08

小川糸さんの『ツバキ文具店』が、多部未華子さん主演でドラマ化が決定しました。

2017.03.07

このたび、フィットネストレーナー、森拓郎さんによる新しいエクササイズのモニターを募集します。下記をご確認のうえ、ご応募ください。

2017.03.07

3月9日(木)18:00~福家書店新宿サブナード店で実施するサイン本お渡し会に向けて、葉加瀬さんがサイン本をつくりに幻冬舎へいらっしゃいました。その際に、幻冬舎plusの読者のみ…

2017.03.06

目も心も奪われる。たしかにこれは芸術的事件だ。

2017.03.06

先日、携帯電話をなくしてしまいました。なくしたことに気づいたのはとあるライブが終わってすぐのこと。ポケットやカバンの中はもちろん、ライブハウスの客席やトイレなど、置き忘れたり落と…

2017.03.06

 近づきつつある春のおとずれにもぴったりの話題作『蜜蜂と遠雷』(恩田陸、第156回直木賞受賞)。この作品中の曲について、クラシック音楽業界で名高いナクソスさん、ピティナさんと、こ…

2017.03.04

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!