毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

大本営発表

大本営発表
辻田 真佐憲

昨年7月に刊行され、今年の新書大賞の14位に選ばれた辻田真佐憲さんの『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』。日本メディア史の再暗部を描いた本書に、新しいニュースが届きました。

2017.05.17

八月十五日の午前七時二十一分。日本放送協会の館野守男は、再びスタジオのマイクの前に立っていた。館野は、太平洋戦争開戦の臨時ニュースを読み上げたアナウンサーである。「謹んでお伝え致…

2016.08.15

一九四三年は、太平洋戦争の攻守が完全に逆転した年である。 この年、米軍は新型の空母や戦闘機を次々に実戦配備し、戦力を大幅に増強した。これに対し、日本軍は各地で後退を強いられるよう…

2016.08.13

昭和天皇の弟である高松宮宣仁親王(当時海軍中佐)は、一九四二年八月九日付の日記に次のように記している。「『ソロモン』海戦の発表は大本営発表の説明は実に『でたらめ』で、報道部は大本…

2016.08.10

最近、政府やNHKの発表を「大本営発表」だと揶揄する声が高まっています。「大本営発表」とは、本来、日本軍の最高司令部「大本営」による公式発表のこと。しかし、太平洋戦争下に現実離れ…

2016.08.06

最近、政府やNHKの発表を「大本営発表」だと揶揄する声が高まっています。「大本営発表」とは、本来、日本軍の最高司令部「大本営」による公式発表のこと。しかし、太平洋戦争下に現実離れ…

2016.08.03

最近、政府やNHKの発表を「大本営発表」だと揶揄する声が高まっています。「大本営発表」とは、本来、日本軍の最高司令部「大本営」による公式発表のこと。しかし、太平洋戦争下に現実離れ…

2016.07.30

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 堀江貴文のビジネス書の決定版!『多動力』
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 私は初期の老人、老人一年生だ。
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
物語が、海を超えてつながった——!
堀江貴文のビジネス書の決定版!『多動力』
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!