毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

この新刊がすごい!!

この新刊がすごい!!

『毒殺魔』、あまりにもストレートな題名だが、内容のほうも恐ろしいほどセンセーショナルな連続無差別殺人を描いている。

2016.12.01

本を開くまで、どんな物語が飛び出してくるか分からない。谷津矢車は、びっくり箱のような作家である。最新刊である本書もそうだ。戦国武将を主人公にした歴史小説なのだが、こんな切り口があ…

2016.12.01

敗戦後の日本では陰謀がらみの事件が数多く起きただけでなく、謎めいた噂も少なくない。前者の代表は下山事件であり、後者を代表するものが《M資金》をめぐる風説だろう。

2016.12.01

松井今朝子が描く「八百善」主人の生涯。これは読むご馳走だ。

2016.11.03

日本推理作家協会賞、受賞後第一作。新人家裁調査官の葛藤と成長を描く!

2016.11.03

戦時中に東京の女学校で机を並べていた二人の女性が久しぶりに会って大阪のレストランで食事をしながらおしゃべりをした。いってみればそれだけの話なのだが、他人には退屈なはずのその昔話が…

2016.08.22

警察小説に女性作家が進出し始めたのは1990年代。髙村薫の直木賞受賞作『マークスの山』(1993年刊)を皮切りに、柴田よしきの横溝正史賞(現横溝正史ミステリ大賞)受賞作『RIKO…

2016.07.25

本書では、著者が経験した十四の旅のエピソードが綴られている。行き先、目的は様々だが、いずれも旅に出る前と出た後では、著者の心境に変化が起きていることがわかる。

2016.07.17

大学でゲームづくりを教えている。ときに「ああ、君は津原泰水作品を読むといいよ」と思える学生がいるので勧める。

2016.07.10

依頼人から報酬をもらい対象者に最適な悲劇をオーダーメイドする「復讐代行業者」が主人公のビターな連作ミステリー『GIVER ギバー』で、日野草は一躍名を上げた。続編『BABEL バ…

2016.06.26

江戸の版元・蔦屋重三郎を、出版規制に抗う男とした『蔦屋』、豊臣秀吉のお伽衆・曽呂利新左衛門に新たな人物像を与えた『曽呂利!』、鉄砲の名手・雑賀孫市が三兄弟だったとする『三人孫市』…

2016.06.22

夫と喧嘩して実家に戻ってきた長女橙子と、三十六歳で独身の次女柊子が、互いにぷっつんとキレてぶつかる場面が物語の中盤以降に出てくる。「そこはうちの客間よ。出戻り女の居座る場所じゃな…

2016.05.07

本を読んだあとで、その本に描かれていることを実際にやってみたくなることを、私は“本からのギフト”と名付けている。物語を読むことは楽しいし、それだけでも十分に素敵なことなのだけれど…

2016.04.27

阪神・淡路大震災の被災経験を持つ中年の男性教師が東日本大震災発生後間もない東北の小学校に派遣されてくる。架空の街・遠間市を舞台に彼、小野寺徹平と子供たちの交流を描いた連作長篇が『…

2016.04.16

私事で恐縮だが、若手向けのビジネス誌『日経ビジネスアソシエ』の創刊を準備していた頃、僕は折に触れて「人は何のために働くのだろう」と思いめぐらしたものだった。「お金のため? それだ…

2016.04.10

恋愛小説の名手・中村航が、「先生と生徒」の恋物語を書いた。この物語の中では、先生のほうが年下で、生徒のほうが年上。だからタイトルは、『年下のセンセイ』。

2016.03.22

冒頭に、「ブラジルの一匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?」(エドワード・ローレンツ)というエピグラフがある。わずかな変化で遠く離れたところに大きな波及効果があるのか…

2016.02.21

じっとりとした視線。それを縫う、こちらの背筋まで伸びていくような端正な筆致。4年ぶりとなる新作はやはり“天野節子”そのものだ。35万部を超える大ベストセラー『氷の華』で衝撃のデビ…

2016.01.31

若い貧乏人や若い暇人は、健康な身体を有している場合が多い。数ヶ月前までの自分もそうだった。外食をする金がもったいないから、毎食毎にちょっとした自炊をする。鳥肉を使った料理やカレー…

2016.01.25

誰かのふとした行動が、遠くにいる別の誰かに対し、思いもよらぬ影響を与えたり出来事をもたらす。ズバリそのもののタイトルである映画『バタフライ・エフェクト』はわりと個人の物語で、昔の…

2016.01.24

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!