毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

アルテイシアの熟女入門

アルテイシアの熟女入門
アルテイシア

人生いろいろ、四十路もいろいろ。大人気恋愛コラムニスト・アルテイシアが自身の熟女ライフをぶっちゃけトークいたします!

老人力、という言葉がある。ウィキ先生によると「老化による衰えというマイナス思考を“老人力がついてきた”とプラス思考へ転換する逆転の発想」なのだとか。

2017.03.01

十代の頃、というと前世のように遠い記憶だが、サガンの『ブラームスはお好き』を読んだ。その中で39歳のヒロインが25歳の恋人に「私もうおばあさんなのよ」と告げるシーンがあり、当時の…

2017.02.01

キラキラ女子の出現により、キラキラという言葉には「ハイスペ狙いの銭ゲバ女」的なイメージがついたが、本来は「いくつになってもキラキラ輝き続ける女性」というように、肯定的な意味で使わ…

2017.01.01

「いい年してまだ男にチヤホヤされたいのか」という美魔女批判があるが、全国の熟女たちは「このJJ様が男にチヤホヤされたいために女磨きしてると思っていたのかァ――――― ッ!!」と岸…

2016.12.01

「もうおばさんだからさ~」とおばさんを自称しつつ、他人からおばさんと呼ばれると自分でもびっくりするぐらいショックを受ける。それが40歳という年齢だ。おばさんになりたくないというよ…

2016.11.01

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!