毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

アルテイシアの熟女入門

アルテイシアの熟女入門
アルテイシア

人生いろいろ、四十路もいろいろ。大人気恋愛コラムニスト・アルテイシアが自身の熟女ライフをぶっちゃけトークいたします!

JJ(熟女)会で盛り上がるネタに「ファッション黒歴史」がある。お若い方はご存知ないかもしれないが、古の日本には「アムラー」「シノラー」という二大勢力が存在した。JD(女子大生)だ…

2017.05.01

今回のテーマは「JJ(熟女)と恋愛」。「いくつになっても恋していたい」と言うJJは、若い頃から「三度の飯より恋が好き」という恋愛体質の女だろう。若い頃から恋愛体質じゃなかった女が…

2017.04.01

老人力、という言葉がある。ウィキ先生によると「老化による衰えというマイナス思考を“老人力がついてきた”とプラス思考へ転換する逆転の発想」なのだとか。

2017.03.01

十代の頃、というと前世のように遠い記憶だが、サガンの『ブラームスはお好き』を読んだ。その中で39歳のヒロインが25歳の恋人に「私もうおばあさんなのよ」と告げるシーンがあり、当時の…

2017.02.01

キラキラ女子の出現により、キラキラという言葉には「ハイスペ狙いの銭ゲバ女」的なイメージがついたが、本来は「いくつになってもキラキラ輝き続ける女性」というように、肯定的な意味で使わ…

2017.01.01

「いい年してまだ男にチヤホヤされたいのか」という美魔女批判があるが、全国の熟女たちは「このJJ様が男にチヤホヤされたいために女磨きしてると思っていたのかァ――――― ッ!!」と岸…

2016.12.01

「もうおばさんだからさ~」とおばさんを自称しつつ、他人からおばさんと呼ばれると自分でもびっくりするぐらいショックを受ける。それが40歳という年齢だ。おばさんになりたくないというよ…

2016.11.01

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!