今年で3回目の開催となる「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」。
「ビジネスパーソンが実際に選ぶ“価値ある書籍”にグランプリを!」という趣旨で始まった賞なので、受賞作の信頼感は、抜群。
なんとなんと。この賞で、幻冬舎のビジネス本が2冊、選ばれました。
ということで、その表彰式に、行ってきました!

まず、総合グランプリ――すなわち、総合第1位――に、芸人の枠を超えて活躍中の西野亮廣さんの『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』。この作品は、イノベーション部門でも第1位ということで、ダブル受賞となっています。



もう一作。リベラルアーツ部門での第1位に輝いたのが、佐藤航陽さんの『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽著)です 。

3月16日の表彰式には、都内の会場に、受賞作品の著者や担当編集者が集まりました。

総合グランプリを受賞した西野さんは、動画インタビューでの登場。
「本当にありがたいです。スタッフ、書店、取次の方に感謝の気持ちしかない。受賞を聞きつけた東野幸治さんから、“新世界の創造者”と言われた」
と、早速まわりの反響があったことをコメント。
さらに執筆動機について、
「前作『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)で無料公開に踏み切ったら、めちゃくちゃ叩かれた。日本の広告のやり方がアップデートされてないことに危機感を抱いたことがきっかけ」
と明かしました。

担当編集の袖山満一子は、「西野さんの思いや要求は、びっくりするようなものがたくさんありますが、それを違和感なく受け入れていった結果がグランプリという結果につながった」と、受賞の感想。

また、『お金2.0』の著者・佐藤さんは、本書に託した思いを、次のようにコメント。
「多くの人がお金というフィルターを外して人生を見つめなおすことで、自分はなぜ生まれてきて、本当は何がしたいのか。本質的なテーマに向き合うきっかけになってくれればと願っています」

編集を担当した箕輪厚介は、自身が手掛けた『日本再興戦略』(落合陽一著/幻冬舎)のヒットにも触れ、「未来を拓く本が売れている。しかも若い人が買ってくれている。本を作ることだけにとどまらず、日本の空気を変えていくことに役立っているのでは、という思いを持てた1冊」と、その手ごたえについて、語りました。

受賞の結果は以下の通り。

■ビジネス書グランプリ2018 総合グランプリ
『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(西野亮廣 幻冬舎)

■ビジネス書グランプリ2018 部門賞

【イノベーション部門賞】
『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(西野亮廣 幻冬舎)

【マネジメント部門賞】
『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』(アンドリュー・S・グローブ 日経BP社)

【ビジネススキル部門賞】
『スタンフォード式 最高の睡眠』(西野精治 サンマーク出版)

【政治経済部門賞】
『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(河合雅司 講談社)

【リベラルアーツ部門賞】
『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽 幻冬舎)

【ビジネス実務部門賞】
『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』(ピョートル・フェリークス・グジバチ SBクリエイティブ)

【グロービス経営大学院特別賞】
『AI経営で会社は甦る』(冨山和彦 文藝春秋)

■『ビジネス書グランプリ2018』とは
2016年12月から2017年11月の間に日本国内で刊行され本の中から、各出版社が1社3冊までエントリー。さらに、グロービス経営大学院・フライヤー・協力書店の書店員が選書した書籍を加えた計108冊が対象。各書籍はイノベーション、マネジメント、政治経済、ビジネススキル、リベラルアーツ、ビジネス実務の6部門のいずれか1部門に分類。各部門につき、読者がビジネスの現場で役立ったと感じた書籍に対して3票ずつ投票。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定