このたび、幻冬舎時代小説文庫より、上田秀人さんの時代小説が2作同時刊行です!
大人気の「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズより、外伝として『妾屋の四季』。
そして、おなじく人気シリーズ「町奉行内与力奮闘気」の第六巻。『雌雄の決』。
2冊たっぷり上田秀人。ハマってください。

女の敵は、妾屋の敵!――「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズ外伝!

妾屋の四季

女で稼ぐ商売ゆえ、体を張って女を守る――その矜持を胸に秘めて妾屋を営む山城屋昼兵衛。哀愁漂う過去を振り切り、今を豪快に生きる山形将左。武士という身分を捨て、愛する八重と生きる道を選んだ大月新左衛門。大奥や吉原との激闘を潜り抜けた三人はその後も波乱の四季を生きていた。女の悲哀と男の気概。「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズ外伝!

町奉行所が修羅場と化す!――熾烈なお奉行vs老獪な与力・同心。

町奉行内与力奮闘記六 雌雄の決

江戸町奉行・曲淵甲斐守に追い詰められた町方は、怒濤の反撃に転じる。だが、切れ者甲斐守が策の応酬で負けるはずもなかった。内与力・城見亨を慕う大坂娘の咲江を襲った刺客の頭領――この男の捕縛が町方制圧への近道と判断し、意外な手を打つ。万策尽きた町方。だが既得権益への妄執が彼らを鬼に変える。甲斐守と亨に迫る凶刃! 迫力の第六弾。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定