前回の記事はこちら

ロシア発 “衝撃系”でっち上げ記事

 スプートニクは、ロシア寄りの記事や、他国の大統領選プロパガンダだけでなく、これまでさまざまなデマやでっち上げ記事を発信・拡散してきたようだ。あまりに大量に確認されているので、すべてを網羅することはできないが、一部紹介する。

 

「WHOが性的パートナーを見つけることができない人を障害者扱い」
⇒嘘。過激な誤訳。

 もともとは、「WHOは、“不妊”という定義を、時代にあわせてより広範囲に定義することになった」という話だったが、スプートニクの翻訳者が無能なのか、はたまた意図的にか、超誤訳して、過激な見出しに挿げ替え、発信したもの。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定