iStock/36clicks

 平昌オリンピックは、日本にとって大成功に終わったと言っていいだろう。
 メダルの数は開幕前の予想を上回り、金4、銀5、銅4の合計13個という史上最多のメダルを獲得した(私は、金メダルが確実なのは小平奈緒の500mと、スピードスケートの女子パシュートのみ、と考えていた)。
 しかも、メダルを獲得した競技が多岐にわたるのが日本の特徴で、スピードスケート、フィギュアスケート、カーリングといった氷の競技から、ノルディック複合、ジャンプ、スノーボードなどの雪の競技でも複数メダルを獲得した。
 他の国、たとえばオランダは全部で20個のメダルを獲得したが、スピードスケートが16個、ショートトラックが4個と、スケートに特化している。これはオランダの歴史的な特徴だが、それに比べると、日本は大会期間中を通し、多くの競技が楽しめる。

 しかし、ひと皮剥けば冬の競技を支える基盤は脆弱と思わざるを得ない。オリンピックが閉幕した2日後、2月27日の信濃毎日新聞(長野県の新聞である)の運動面は、ウィンタースポーツの栄光と、厳しい現実が並存する素晴らしい紙面だった。
 運動面左側には、メダリストの会見の模様が報じられており、長野出身の小平奈緒が話している写真が掲載されていた。
 そして右側には、国体の記事が大きく取り上げられており、さすがオリンピックのホストシティを基盤とする新聞だと唸らされた。
 内容も、考えさせられるものだった。ここでは、クロスカントリーの成年男子B10キロで優勝したレンティング陽(アキラ)のことが報じられていた。一部、引用させていただく。
「今季限りで現役を引退するソチ五輪代表のレンティングが距離青年男子Bで優勝。会場の妙高高原は全国中学大会で初優勝した思い出のコース」
 これだけで、取材してきた蓄積が感じられる。そして記事は続く。
「早大卒業後、自ら企業や個人のスポンサーを募り、世界に挑戦し続けてきた。練習拠点を北欧に移すなど充実した練習を積んできたが、W杯30位以内に安定して入るという目標を達成できなかったため引退を決意したという」
 メダリストの会見がテレビ、インターネットで大きく取り上げられるなか、こうした選手がひっそりと選手生活を終えようとしていくことを報じている。
 マイナー競技の悲哀。
 陰と陽。
 冬のスポーツの現実を、新聞の紙面でこれほどまでに浮き彫りにすることが可能なのかと驚きを禁じ得なかった。これは、インターネットでは絶対に出来ない芸当である。

 冬の競技は、メダリスト候補でないと、競技が続けられないという現実がある。
 雪、氷の上で戦ってきた選手たちのなかで、大学卒業後に企業の支援を受けて競技を続けられる選手はごく一部なのだ。
 小平でさえ、信州大学の卒業を控えた時期に、朝日新聞の担当記者に、
「私を雇ってくれませんか?」
と相談を持ちかけたことがあると、金メダル獲得後に報じられた。
 小平の場合、縁あって長野県松本市にある相澤病院から支援を受けることになり、金メダリストになることが出来た。
 しかし企業にとっては、選手に金メダリストになるポテンシャルがあったとしても、大学卒業時にそれを見極めることはむずかしい。

 昭和の時代を振り返ってみれば、日本のウィンタースポーツを支えてきたのは、西武グループだった。
 グループを率いた堤義明氏はウィンタースポーツをこよなく愛し、その愛情をビジネスに転換した。全国各地にリンクを作り、スキー場とホテルを隣接させ、ひとつの文化を作った。
 そしてインフラを基盤として、フィギュアスケートの伊藤みどり、荒川静香、スピードスケートの黒岩彰らのメダリストを輩出した。
 西武グループが作ってきた冬のスポーツカルチャーの集大成が、1998年の長野オリンピックだった。
 日本には、後ろ盾があった。
 しかし、経済状況、そして世の中のスポーツに対する考え方が変わった。
 バブル崩壊、そしてリーマンショックを経て、スポーツを取り巻く環境は「選択と集中」が進み、ウィンタースポーツは大きな後ろ盾を期待できない現状で、選手たちは20代前半で実力を証明し、競技を続行するために華やかなパーソナリティなどの「営業力」が求められる。
 その意味では、10代から世界と戦えるスノーボードなどはチャンスが広がっている。クラシカルな競技よりも、エクストリーム系のスポーツの方がチャンスは大きいのかもしれない。

 いま、2020年のオリンピック、パラリンピックに向けて、スポーツにお金がどんどん流れ込んでいる。
 それは2020年までのものなのか。
 その先も続くのか。
 冬の競技の現状を見ると、決して基盤は盤石ではないと考えてしまうのだ。
「平昌オリンピック大成功」とばかりは浮かれてはいられないのである。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定