福岡国際マラソンを2時間7分19秒、3位でゴールする大迫傑選手に手を叩いて喜ぶ瀬古利彦氏(撮影:EKIDEN News / 西本武司)


 東京オリンピックの開会式は、2020年の7月24日。

 あと2年半。まだまだ時間がありそうにも思うが、地元開催のオリンピックを目指す選手にとってはカウントダウンが始まっている。

 当然、焦り出した選手もいて、ライバルのドリンクボトルに禁止薬物を混入させたカヌー・スプリントの選手などは、自分のポジションが絶望的と思い込み、不届きな事件に及んでしまったと考えられる。

 東京オリンピックの発する光は強い。しかし、その分、影も濃くなる。

大迫が福岡国際マラソンでマークした好タイムが今後の基準になる

 しかし、ほとんどの競技で強化は正しい方向に進んでいるように見える。

 特に、陸上競技の男子マラソンは久しぶりに活況を呈している。選手、指導者が躍起になってオリンピック出場、いや、メダル獲得を狙っている。

「出るだけじゃ意味ないですよ」
 という声を複数の陣営から聞いた。アフリカ勢が強いのは分かっているが、酷暑のマラソンに活路を見出そうとしている。

 中でも、期待が高まっているのが大迫傑(おおさこ・すぐる/ナイキ オレゴン プロジェクト)だ。

 早大時代は、1年生の時から箱根駅伝の中心選手として活躍し、2013年、2015年の世界陸上、そして2016年のリオデジャネイロ・オリンピックではトラックで日本代表になった。

 その大迫が2017年から本格的にフルマラソンに参戦し、初マラソンとなった「心臓破りの坂」で有名なボストンで2時間10分28秒をマークし、3位表彰台。

 そして、12月3日に行われた福岡国際マラソンでは、2時間07分19秒の好記録をマークし、東京オリンピックの代表選考レースで2019年に行われる「マラソン・グランド・チャンピオンシップ・レース」(MGCレース)の出場権を手にした。

 2度目のマラソンにして、2時間7分台の好記録。大迫の強さはどこから来るのか。彼を高校時代に指導していた両角速(もろずみ・はやし)氏(現・東海大監督)は、

「大迫は、自分が強くなる、速くなるためなら、どこにでも行く男です」
 と語る。

 大迫は東京出身だが、高校は長野・佐久長聖に進み、ここでステップアップ。高校卒業後の進路についてもドラスティックな考えを持っていた。

「自分が強くなれるんだったら、大学でも、実業団でも構いませんでした。正直、箱根駅伝には魅力を感じていませんでしたから」
 と考えていたが、渡辺康幸氏が監督を務めていた早稲田大学に進学した。

 当時、早稲田はナイキと関係性を持っていたことが大迫の競技人生に影響を与え、大学4年生の時にはナイキの本拠地であるオレゴンで練習を行い、大きな刺激を受けた。

 いったんは日清食品グループで走っていたが、より自分が飛躍する機会を狙ってナイキ オレゴン プロジェクトに本拠地を移した。

 この決断力の早さ、フットワークの良さが大迫の実力をグングンと伸ばしている。

 福岡で大迫がハイレベルのタイムをマークしたことで、「大迫基準」が今後、代表争いのスタンダードになっていきそうだ。

 日本陸連でマラソンの強化プロジェクトのリーダーを務める瀬古利彦氏は、福岡国際マラソンの後、大迫の走りに満足気な表情を浮かべ、囲み取材でこう話した。

「正直いうと、東京オリンピックでは大迫と設楽悠太(したら・ゆうた/Honda)に走ってもらわないと、困るんです。トラックでのスピードをそのままマラソンに持って来られる選手じゃないと、メダルとか狙えませんから」

東京マラソンの鍵を握る設楽悠太

 設楽悠太は2017年にブレイクスルーした選手だ。

 9月16日に行われたウスティ・ハーフマラソン(チェコ)で1時間00分17秒の日本記録をマークすると、翌週の9月24日に行われたベルリン・マラソンで2時間09分03秒の好タイムでゴール。

 1月21日に広島で行われた全国男子駅伝では埼玉のアンカーを務め、見事に逆転優勝。ナイキの厚底シューズ、「ヴェイパー・フライ・4パーセント」を履き、軽快なピッチが強烈な印象を残した。

 その設楽が次のターゲットとするのが、2月25日に行われる東京マラソン。会見では、
「みなさんが楽しみにしているのは、日本記録の更新だと思います」
 と話し、2002年に高岡寿成がマークした2時間06分16秒をターゲットとしていることを明らかにした。

 瀬古利彦リーダーは、
「条件が整えば、2時間4分台も狙えるかもしれませんよ」
 と期待を寄せているが、設楽の他にも有望な選手が東京マラソンには集まる。

神野大地(青学大→コニカミノルタ)
鈴木健吾(神奈川大4年)
井上大仁(山梨学院大→MHPS・ロンドン世界陸上代表)
山本浩之(東洋大→コニカミノルタ) 
佐藤悠基(東海大→日清食品グループ)
村澤明伸(東海大→日清食品グループ・MGCレース出場権保持者)

 箱根駅伝からフルマラソンに挑戦する選手たちのオールスター戦のような様相を呈している。ここで何人の選手が「MGCレース」への切符を手にするのか注目されるが、降雪などの天候がやや心配ではある。

出てこい、「瀬古発想」の強者よ!

 振り返ってみれば、日本の男子マラソンは1980年代だったと思う。瀬古利彦、宗兄弟、中山竹通といった面々が丁々発止の戦いを繰り広げていた。

 それからもう、30年。

 2005年、私は『駅伝がマラソンをダメにした』という本を上梓した。
当時は男子マラソンが国際競争力を失くしていた時期で、それに比べて大学駅伝の人気がどんどん高まっていた。

 なぜ、優秀な大学生ランナーがフルマラソンに挑戦しないのか、私には不思議でならなかった。

 なぜなら、小学生から中学生にかけ、私は「瀬古さん」を見ていたからだ。

 瀬古さんは、12月の第1日曜日に福岡国際マラソンを走り、その1カ月後には早稲田のエースとして箱根駅伝の「花の2区」を走っていた。

 それが当たり前だと思っていたのだ。

 それが『駅伝がマラソンをダメにした』という本につながった。

 しかし、10年以上の歳月が経ち、学生のトップランナーが在学中、あるいは卒業後にマラソンに挑戦するのが自然の流れになってきた。

 いまや、箱根駅伝はマラソンの登竜門になった。

 ただし、瀬古さんは私にこう言い切ったことがある。
「私の場合、あくまでマラソンがメインで、箱根駅伝は『ついで』に走ってたからね。箱根は刺激練習くらいのつもりで走んなきゃ」

 こう言い切る猛者が、登場して欲しい。
**
本連載では、生島淳さんが東京オリンピック各種目のカウントダウンの模様をお伝えします。お楽しみに。

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定