野宮真貴さんがインスタグラムで公開されている「おしゃれかるた」。実はこれ、野宮さんの著書『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』の目次を「ビジュアル化=かるた」にしたものなのです。SNSでも大評判で、静かなブームになっているこのかるたを幻冬舎plusでもご紹介。本とセットでお楽しみください。


(野宮真貴さんからのメッセージ)
「すでにおしゃれな人」と「全くおしゃれに興味のない人」はゴーイングマイウェイ。
そのまま人生を謳歌してください。
一番可能性を秘めているのは「おしゃれをしたいけれど、どうしていいか分からない人」です。
分からないから分かりたい、それが人を成長させます。
おしゃれに必要なのは「センス」ではなく「コツ」です。
この「おしゃれかるた」から始めてみるのも良いですよ。

**
詳しくは、『おしゃれはほどほどでいい』38pをご覧ください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

野宮真貴『赤い口紅があればいい~いつでも美人に見えるテクニック~』

「この世の女性は、すべて“美人”と“美人予備軍”です」。元ピチカートファイヴ、永遠のおしゃれアイコンが教える、カンタンに、効率的に美人になる方法。

野宮真貴『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』

自分を変えるのはこんなにカンタン!「赤い口紅」と「お気に入りの一着」があればいい。
だって私たちには、時間がないんですもの。
元ピチカート・ファイヴのおしゃれカリスマがたどりついた、「見た目」と「幸せ」の方程式。

野宮真貴×ジェーン・スー『美人になることに照れてはいけない。口紅美人と甲冑女が、「モテ」「加齢」「友情」を語る (幻冬舎plus+)』

『赤い口紅があればいい』で美人に見えるテクニックを明かしたシンガーの野宮真貴(口紅美人)と、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』で素直に女を楽しめないことをぼやいたコラムニストのジェーン・スー(甲冑女)が、「女」と「女の人生」の歩き方をとことん語り合う。