「クレーム集中病院で、若い女性医師が“モンスター・ペイシェント”に狙われた!?」
デビュー作『サイレント・ブレス』が各紙誌で好評を博した南杏子さん、待望の第2作『ディア・ペイシェント』に、全国の書店員さんから届いた感想をお送りします。

 

 

 

 

今の病院は、こうなっているのか? と少し寒い気持ちで読みました。医療にたずさわる方達、本当に大変です。その大変さプラスどこの世界も理不尽な人間はいるもので、ビックリしながら、読みました、命にかかわる問題だけに、一生懸命やっていても、むくわれないことの方が多いのだなあと感じました。よくぞ! 書いてくださった。これがたとえ現実に近い真実であっても、人の良心というものは決して崩壊するものではないと、医療とその場所に携わる人々を信じていけそうな気がしました。
(有隣堂伊勢佐木町本店 佐伯敦子さん)

身に詰まる一冊でした。患者は医師に求めるものが多くなってしまうけど、医師には多くの患者がいて……その人だけ診ているわけではない。理屈ではわかっていても、人の命の重みがあって、本当に言葉では言いつくすことのできない大変な職業だと思います。ここ数年救急病院、民間病院と関わりがあり、その現場の医師、看護師の仕事の様子とオーバーラップしながら読みました。とても面白かったです。
(岩瀬書店ヨークベニマル福島西店  半澤裕見子さん)

「これが医療の現場だ!」
最近医療をテーマにした小説が増えている。たいていが医療ミステリーになるのだが、この『ディア・ペイシエント』は他の作品とは少々違う。今の病院の現実を知ることもできるし、そこから透けて見える社会の厳しさや悲しみも染みてくる。そして与えられた場所で精いっぱい仕事する人たちの希望も見えてくる。医療関係者さんにはぜひ読んでいただきたい1冊だ。
(マルサン書店仲見世店 小川誠一さん)

「医は仁術」と云う高潔な言葉があるが、「患者様は神様です!」などというものでは断じてない。現役の医師だからこそ描けた医療現場の実態に(フィクションが混じっているとしても)背筋が凍った。医師になるのには、大変な苦労、努力が必要なのに、患者には資格試験なんてものはありはしない。多くの医療従業者が辛い思いを抱えているとよく耳にする。この物語が医療にかかる者の襟を正すきっかけになると良いなあ。志の高い医師と感謝の気持ちを忘れない患者達に幸あれ。
(大垣書店高槻店  井上哲也さん)

病を持つ人と医者が対話することで治療法や投薬を決めてゆくというのはもはや理想でしかないのだろうか。具合が悪いのだから、患者だから、何を言ってもいいとばかりの態度にもどうかと思うが、声を荒らげるのには、相応の理由もあるのだと思いたい。病院がサービス業に徹することには、賛成しかねるが、もう少し寄り添ってもらいたいと思う医師もいる昨今、本作を読むことで、ふとたち止まって考える機会を得られると思いました。
(文教堂北野店 若木ひとえさん)

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

南杏子『ディア・ペイシェント』

クレーム集中病院で、若き女性医師が“モンスター・ペイシェント"に狙われた!?
失敗しようと思う医師はひとりもいない。けれど、医師と患者が解りあうのは、こんなにも難しいのか――。現役医師が、現代日本の医療界の現実を抉りながら、一人の医師の成長を綴る、感涙長篇。