iStock/Pra-chid

 あけましておめでとうございます。今年も「本屋の時間」をよろしくお願いします。

 昨年は1月に『本屋、はじめました』、11月に『365日のほん』という2冊の本を出版しました。本屋の店主が本を書くということは、いつでも会いに行ける著者になるということでもあると、出版したあとから気がつきました。昨年は実際に、「本を読んで店に来ました」とお話しされるかたが、Titleに数多くいらっしゃいました。

『本屋、はじめました』が発売になり何か月か経ったころ、休憩から戻ると見慣れない男性がニコニコしながらそこに立っていました。「あれ、どこかでお会いした人かな……」と思っていたら、「大阪から本を読んで来ました。わたしも会社を辞めて、自分で八百屋をやろうか迷っていましたが、この本に背中を押されてはじめることにしました。会社ももう辞めます。今日はそのきっかけになった、この店を見ておきたいと思って来ました」と爽やかに告げられました。

(ちょちょちょっと……。そんなこと突然言われても責任取れませんし‼)とあっけにとられたような顔をしていたら、その男性は「まあ、急にそんなこと言われても困りますよね」とこちらの心中を察したかのように、穏やかに笑いました。

 大きなチェーンのスーパーマーケットを辞め、町に根差した八百屋をはじめる。そのこと自体にも驚きましたが、もっと驚いたのは、自分の知らないところで誰かが自分の書いた文章を読み、それによって人生を変えるような決断をする、そんなことが本当に起こりえるのだ ということです。本を書いているときは、誰に向けて書いているのかもわからず、「もしかしたら自分は独りよがりのことを、やっているだけなのではないのか」と不安になることもありましたが、本を読んだという人と実際に話をしてみると「一冊の本は、自分が予想もしなかったところまで届いていくものなのか……」とそのたびに驚きました。遠くからわざわざ店にやって来た人に、本の持つ静かな力を教えてもらった、嬉しくも身の引き締まる瞬間でした。

 

今回のおすすめ本

 

伊丹十三『ぼくの伯父さん』(つるとはな)

 伊丹十三の新刊が、この時代に刊行されるとは思わなかった。スマートで洒落ていて、程よく嫌味な変わらないスタイル。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

◯2018年1月13日(土)〜2018年2月5日(月)12:00〜 Title2Fギャラリー

「谷川俊太郎/こんにちは」

東京オペラシティ アートギャラリーで開催される「谷川俊太郎展」(1/13~3/25)に連動したサテライト展。谷川俊太郎さんがTitleのために書き下ろした新作詩、写真家の川島小鳥が2012年から撮り続けてきた谷川さんの姿を、一挙にパネル展示するなど、盛りだくさんの内容です。

 

店主・辻山が1月4日(木)TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」に出演しました。

『365日のほん』(辻山良雄)の中から、2018年に読みたい本を7冊ほど紹介。TBSラジオのサイトに当日紹介した本が掲載されています。

 

 


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。