あけましておめでとうございます。野宮真貴さんの著書『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』の目次をビジュアル化し、野宮さんがインスタで紹介していた「おしゃれかるた」。SNSでも大評判で、静かなブームになりました。2018年も本とセットでどうぞお楽しみください。
 

(野宮真貴さんからのメッセージ)
仕事、人間関係、生き方……。
一歩踏み出すことに迷ったら、そこに自分の愛や周囲の人の愛があるかどうかを判断基準にしましょう。
愛がないものは大抵うまくいきません。
そして愛があるものなら、きっと大丈夫です。
**
詳しくは、『おしゃれはほどほどでいい』191pをご覧ください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

野宮真貴『赤い口紅があればいい~いつでも美人に見えるテクニック~』

「この世の女性は、すべて“美人”と“美人予備軍”です」。元ピチカートファイヴ、永遠のおしゃれアイコンが教える、カンタンに、効率的に美人になる方法。

野宮真貴『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』

自分を変えるのはこんなにカンタン!「赤い口紅」と「お気に入りの一着」があればいい。
だって私たちには、時間がないんですもの。
元ピチカート・ファイヴのおしゃれカリスマがたどりついた、「見た目」と「幸せ」の方程式。

野宮真貴×ジェーン・スー『美人になることに照れてはいけない。口紅美人と甲冑女が、「モテ」「加齢」「友情」を語る (幻冬舎plus+)』

『赤い口紅があればいい』で美人に見えるテクニックを明かしたシンガーの野宮真貴(口紅美人)と、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』で素直に女を楽しめないことをぼやいたコラムニストのジェーン・スー(甲冑女)が、「女」と「女の人生」の歩き方をとことん語り合う。