2017年最後の更新となりました。今年はずっと仕事も、仕事以外の部分でも辛いことが多く厳しい1年でしたが、最後の最後で本当に嬉しいことがあり、充実した1年となりました。その嬉しいこととはもちろん川崎フロンターレの優勝なんですが、まさかJリーグ優勝のシャーレを自分が持つ日が来るとは思いませんでした。

名古屋グランパス時代には1996年1月1日に天皇杯優勝。天皇杯のカップを国立競技場のロイヤルボックスで掲げるという、子供の頃から自分がテレビで観ていた光景を、自ら体験することができました。ただ念願だったJリーグの優勝に関しては、残念ながら現役時代に成し遂げることができませんでした。

もちろんシャーレを持つことができたのは、川崎フロンターレが優勝を勝ち取ってくれたから。ただフロンターレが優勝しても、実際にそのシャーレを持たせてもらえるかどうかは、シャーレがある場所にたまたま自分がいて、さらにその場の空気感でそのシャーレを持って良いですよ、とならなければ不可能です(←ホントに)。

しかし先日、偶然にも優勝祝賀会の時にそんな状況が訪れました。たまたま選手控え室に選手といた時に中村憲剛選手がそのシャーレを持っていて、ボクが「もし可能なら、このシャーレ持たせてもらっても良い?」と話したら、「是非!! テツさんも持つ権利ありますから!」と中村憲剛が言ってくれました。おかげで持つことができたんですが、シャーレは本当に本当に重くて、その重みが21年間の想いと重なって、言葉では言い表せない気持ちになりました。

生きていると色々辛いことも多いですが、こんな幸せなこともある。ただただ感謝です。
 

クロノスの後、8:55から住吉美紀さんがパーソナリティーの『Blue Ocean』にゲスト出演するwith Bこと、ブリリアンさんと一緒に写真を撮らせて頂きました。中西哲生 with B!じゃなくて、あえて3人揃ってあえてのインサイドキック(笑)。年の瀬の良い思い出になりました。

年の瀬にもう一つナイスな出来事。新幹線から富士山がよーく見えました。やっぱりうれしい。
 

京都で仕事だったんですが、その翌日に大学時代の友人とゴルフ。京都でゴルフする機会はなかなかないんですが、日清都カントリークラブでプレーさせて頂きました。クラブハウスにはチキンラーメンのシンボルキャラクターのひよこちゃんが至る所に。
 

さらにコースにも至る所に日清のカップ麺が(笑)。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中西哲生『ベンゲル・ノート』

スポーツキャスターとして活躍する中西哲生は、名古屋グランパス選手時代に、ベンゲル監督のトレーニングメニュー、ミーティングでの発言などを一冊のノートにメモしていた。本書は、そのノートをもとに、世界的名将ベンゲルの理論、戦術のすべてを明らかにする。

中西哲生『不安定な人生を選ぶこと 買い物ワールドカップ2000~2002』

「成長したいなら、貯金なんかするな!」無謀な買い物ぶりで世間を騒がせる人気スポーツジャーナリストによる過激な自己投資のすすめ。「Webマガジン幻冬舎」の人気No.1連載、単行本化!