2018年 おひつじ座の運勢
 

2017年はいかがでしたか。おひつじ座の人は「対人関係」がクローズアップされる年でしたから、いつも以上にコミュニケーションや交渉事、理解すること・されることに意識が向かっていた人はとても多かったのではないかと思います。持ち前の積極性を発揮して人脈を豊かに広げていったり、身近な人と濃くアツいコミュニケーションを楽しんだりしたのであれば素晴らしいです。きっと今後に活きてきますよ。

といっても、良いことばかりではなかったでしょうね。ガチなケンカ、しませんでしたか。交渉が決裂したり、思いが伝わらない歯がゆさを感じたりしたこともあったかもしれません。他人と関わることの怖さ、面倒臭さなどをつくづく実感するような“事件”もあったことでしょう。
でも、2017年に起こったそれらはちゃんと意味があります。人間関係における基礎体力はきっと高まっているはず。今後、それを実感することがたびたびあると思いますが、ぜひ頑張った過去のご自分を褒めてあげてください。私も会社員時代は「飢えたナイフ」と呼ばれるほど尖っていたことがあるのですが……というのは冗談ですが、ガチでケンカをしたお客様とはその後、かなり良い関係を築けたなという思い出がたくさんあります。衝突は決して悪いことではなく、理解を深めるステップにもしていけるのですよね。

人知れずタフな努力を積み重ねていく1年

2018年は、おひつじ座の人にとっては「人知れずタフな努力を積み重ねていく1年」にあたっています。おそらくですが、2〜3年かけて達成を目指すような長期的目標が胸に浮かぶでしょう。頑張ったことにすぐ結果が出るのは嬉しいものですが、この時期、おひつじ座の人が未来に投げかける目標や計画は非常にスケールの大きなものです。すぐに結果が出せるほど小さくまとまったら、少々もったいないのではないかと私は思います。大きく望み、地道な努力を積み重ねる。そうした複数の視点を持てると、ストレスをできるだけ減らしながらこの時期を乗り切っていけるでしょう。

自分が思いつくだけでなく「向き合わざるを得なくなる」こともあるでしょう。この場合は、正直なところあまり気が進まないかもしれません。プレッシャーや責任がかなり大きそうなのですね。仕事であったり、組織内での役割であったり、はたまた結婚をして背負うものであったりと、これまでにないほどの重荷を背負うことになるでしょう。この場合はいやいや取り組んだり、アレをアレして適当にうまいことやったりはしないほうが良いです。生半可なことをすると運命がビンタしに来て目を覚まさせる、的なことが起こりやすいですから(どんな運命だよという話ですが)、やるなら覚悟を決めてがっつり取り組みましょう。おひつじ座の方なら、私に言われなくてもそうなさるかもしれませんね。きっとがっつりやったほうが、気持ち良くもあるはずです。

秘めやかな悩みを抱えるかもしれません

2018年の傾向としてもうひとつ特徴的なのが、どこか秘めやかなムードが漂っているということ。ストレートでオープンな性格が持ち味のあなたですが、あまり気持ちを表に出しきらず前に進むことになるかもしれません。また、他人にはなかなか相談しにくい悩み——性的なこと、財産のこと、生と死について——などを抱える暗示も出ています。お若い方であればさほど気にならないと思いますが、こうした問題については簡単に解決しないと思っていたほうが良いです。じっくりと向き合い、心の変化があれば目を向けてあげてください。向き合う、考えることそのものに意味があります。

どこか重苦しいところもあるような運気に見えるかもしれませんが、助けもなく孤軍奮闘するといった空気感はありません。必要なところでしっかりと、あなたの味方となってくれる人が現れるでしょう。心の深いところで繋がれる、腹を割って話せるといった、どこかしっとりと重みのある関係が結ばれていきます。その人との出会いがきっかけで奮起できたり、苦境を乗り切っていけたりする部分も大いにありそうです。

2018年の恋愛運

「のめりこむ」「おぼれる」といったキーワードが浮かびます。といってもドラマティックで刺激に満ちたものというよりは、しっとりと互いの心に深く足を踏み入れ、ふたりだけの秘密や思いを共有していくようなものです。人と人は点と点であり、どんなに近づいても交わることはできません。そうした本質的な孤独を知りつつ、なおもこの時期は溶け合うような愛を感じる出来事が増えていくでしょう。かけがえのない関係を、ふたりで築き上げていくことも多そうです。恋を探している人にとっては、1月と夏に熱い追い風が吹きそうです。

ひとつご注意いただきたいのは、この時期は危険な恋にものめり込みやすいということ。愛においては、ときに障害もふたりの心の炎をより強く燃え上がらせるというのはよく知られた話です。この時期はまさに、周囲の反対やインモラルな条件といったものも、強く相手を求めるエネルギーになるでしょう。それが決して「悪」であるとは、私は思いません。そうした愛に向かう人が軽はずみだとも思いません。ただ、これまで手に入れてきた大切なものを失わないように、何があっても自分を守れるように、覚悟もなさっておいていただけたらと思います。「好奇心が募って」「ちょっと気晴らしで」といった軽い出来事では、済まないはずです。

カップルやご夫婦で、パートナーのお金の問題(相続、収入、財産など)が持ち上がる方もおられる暗示です。その場合はしっかりとコミュニケーションをとって、ひとつひとつをお互いにとって納得できるポイントに着地させていってください。それが、絆にもつながるはずです。

2018年の仕事運

キャリアにおいて最も重要な時期が巡ってきています。2018年から2020年あたりにかけて、責任ある立場を任されたり、自分にとってターニングポイントとなる仕事を担うことになったりする人は多いことでしょう。かなりハードではありますが「成長したい」「成功したい」と思っている方にとっては、人生で何度か訪れる“頑張りどき”のひとつ、望む方向に人生をシフトさせていけるチャンスなのです。転職は、今はまだ時期尚早。じっくり考えたほうが良さそうです。

春は異動などでお仕事の内容が変わる方も多いかもしれません。4月、8月は特にチャンスが巡ってきやすいので、情報感度を高めておいてください。カギとなるのはチームワーク。マネジメントをするお立場であれば、メンバーの多様な価値観や能力を深く理解するように努めましょう。メンバーのお立場であれば、個人プレーに偏りすぎず、周囲と歩調を合わせつつご自分の能力を発揮していかれることを意識なさってください。どちらのお立場であっても、ひとりでは決して達成できないことを成し遂げ、大きな成果を上げていくことにつながりそうです。

*  *  *

おひつじ座の方には言うまでもない話かと思いますが、おそらくは今、抱いている願望よりももう少し大きく「こうありたい」というものを望んでも良いだろうと思います。その分苦労はともないますが、2018年から2020年あたりまでは「苦労のしがい」があるときなのですね。きっと今後の人生において、「あのとき頑張っておいてよかった」と思えることが、2020年以降にわかってくるのだろうと思うのです。「先すぎるわ!」って言われたらまあその通りなのですけれども、もしも自分の未来のために何かを望むようなことがありましたら、「大きく望む」ということを少しだけ、思い出していただけたらとても嬉しいです。

2018年、良い年にしてまいりましょう。おひつじ座のあなたであればきっと、おできになると信じています。

2018年の良縁日

1月31日、3月21日、8月11日

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定