12月11日
先週の日記にも言い訳ばかり書いていた新書のネームをようやく再提出。まだここからやりとりは続くとはいえ、少しだけ前に進んだ気分。
野宮真貴さんの「おしゃれかるた」の記事作成。毎日更新だから、はやめに準備をしておこうと思う。
夜、ブス会*「男女逆転版・痴人の愛」を駒場アゴラ劇場にて観賞。四十路の女性が25歳下の美しい青年を愛でる話。愛のひとつの完成形のような結末に感動する。いちばん納得がいく、美しい終わり。男のロマンチシズムについては、よく話題になるけれど、これはめったに見ることのできない女のロマンチシズムではないかと思った。女のそれには覚悟がある。
ペヤンヌマキさんは、「原稿が……」とおっしゃっていたけれど、公演が終わってから、思う存分書いていただきたい。


12月12日

はあちゅうさんの『「自分」を仕事にする生き方』の見本が出来上がる。意志のある赤。きれいに出ていて、うれしい。刊行記念セミナー(1~3月、全3回)の申し込みもスタート。本を読んだら、話も聞いてみたくなる内容だと思うし、ゲストも豪華だし(第1回、ヨッピーさん、第2回小野美由紀さん)、たくさんの方に来ていただきたい。
リリースをつくったり、献本リストを整えたり。どこも出かけず、会社で仕事。

12月13日
午前中、部の会議。
午後、新書ネームを再々提出。
夜、高円寺で打ち合わせ。

12月14日
午前中、plus会議。
午後渋谷で二つ打ち合わせ。一つめが終わったあとに寄った本屋で湯山玲子さんとばったり。昨日、電話で話をしたばかりで、二人で驚く。お茶する時間もなく、移動先まで歩きながら、最近読んでおもしろかった小説の話などを。
夜、新書のネームにようやくOKが出る。ホッとする。

12月15日
plusの記事登録したり、取材依頼をしたり、会社で机仕事。
夜は、表参道でGINGERセミナー。エリカ・アンギャルさんが講師で、『ラブダイエット』についての話(詳しくは、GINGERのインスタグラムをどうぞ)。私も一緒に登壇したのだけど、話をしているうちにマイクがどんどん離れていって、声が拾えなくよう。今回もまたやってしまった。気をつけようと思うけれど、人前でマイクで話す機会がないので、次のときにはいつも忘れてしまっている。
にぎわう表参道を通り抜けて会社に戻り、この日記を書いたりいろいろ。
月曜日に見たブス会にひきづられたのか、風邪をひいたせいか、1週間フワフワしているうちに終わった。

幻冬舎plus 竹村優子

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定