12月4日
1月新書の初校ゲラ赤字入れを朝から。
午後渋谷で打ち合わせ。終わったあと、ランチをご一緒する。私が一人では行かなそうなところに行こう、と百軒店にある、とりカツのお店へ。入りくんだ不思議なビルのさらに奥まったところ。たしかにひとりじゃ行けない。とりカツとカキフライの揚げ物2種と山盛りごはんをしっかりいただく。
会社に戻り、再びゲラの続き。あと原稿料の計算や経費の精算なども。

12月5日
遅れていた1月新書のネーム(帯コピー、内容紹介等)を提出するも、真っ赤な指摘とともに戻ってくる。イチから考えなおさねば。

12月6日
朝から福島県いわき市へ取材。はじめてのいわき市。天気もよく、穏やかで美しい空と海が広がっていた。同じ場所で津波が起きたことに想像力が追いつかない。
いわきは、メヒカリとゆべしが名物だとタクシーの運転手さんに教えてもらい、お昼にメヒカリ定食をいただき、お土産にゆべしを購入する。

12月7日
朝、plusのオープン会議。私が直前お知らせメールを忘れていたため、少ない参加者。ごめんなさい。その後、plusの記事登録をいろいろ。夕方、社内で打ち合わせひとつ。
夜は、plusの電子書籍キャンペーンで募集した、「はあちゅうさんに気持ちよくおごる権利」を獲得したナースあさみさんとはあちゅうさんが食事をする日(この企画は、はあちゅうさんの単行本『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』にちなんでのもの)。初対面のお二人だし、と私も一応、同じ店に向かったものの、あさみさんとはあちゅうさんはすぐに打ち解けお話を始められたので、乾杯を見届けたあとは、私と企画者の伊藤は、飲んで、食べて、おしゃべりして過ごす。はあちゅうさんとあさみさんは、熱心に2時間話をされていた。

12月8日
新書のネームのことがずっと頭の片隅にあるのだけど、心を落ち着け、集中しないと書けないので、いまだ出来ていない。夕方から、麹町で打ち合わせ。
毎年顔を出す、ゴールデン街の九龍ジョー氏の忘年会(クーロンバー)に今日は行けるだろうか。

幻冬舎plus 竹村優子

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定