(写真:iStock.com/pinglabel)

"ビットコイン" "ブロックチェーン"といった言葉が騒がれるようになって久しい。その言葉はだんだんとメジャー化していて、最近ではbitflyerのCMがテレビでも流れているし、本屋に行けばブロックチェーン関連の入門書が平積みされていたりする。経済誌なんかでは「今からでも遅くないビットコイン」という特集まで組まれているくらいだ。

数年前までの「なんだかよくわからない怪しげな電子マネー」というイメージから、「今話題の仮想通貨」という評価を得て、少しずつ「新しい時代の価値交換手段」として根付いてきているように思う。

ビットコインとはブロックチェーンという技術を使って利用されている仮想通貨の代表例である。ブロックチェーンとは何か?と聞かれると難しいが、私は「ものすごく大量のコンピュータのリソースを使うことによって数学的に正しさが担保されている記録」として理解している。

ブロックチェーンは記録装置であり、それが大量の人間が関与しているネットワークの中に存在していて、変更することがかなり難しいために、"勝手に書き換えられない正しい記録"として公的に利用されているのである。

例えば仮想通貨は、各人が持ち合わせている仮想通貨の量とその全てのやりとりが、ブロックチェーンによって全て正しく記録されているために(また、それが改ざんされることがないために)成立している通貨だし、通貨以外の代表的な例を挙げれば、ガーナなどでは、土地の登記の記録についてもブロックチェーンの技術が取り入れられようとしている。これは、第三者が勝手に操作できない“記録”としてブロックチェーンが活用されているわかりやすい例だと思う。

通貨が「分散」することで、私たちが選べるようになるもの

とある書籍で、こんなことが語られている。

"ブロックチェーンの本質は、中央管理者のいないこと、つまり分散化です。分散化に寄って、より個人が何者かのルールに縛られることなく自由な選択肢を持つことができるだろうと私は考えています。"
引用:『ブロックチェーン入門』森川 夢佑斗・著 (ベストセラーズ刊)

私がブロックチェーンという技術が好きなのは、この”分散化”の特徴にある。分散化は何が引き起こすのか? 自由な選択肢とは何か? というと、公的機関に保証される必要なく、多くの民間が「通貨」を発行しやりとりできることが挙げられるだろう。例えば”steemit”というBlogサービスは、サービス内で通貨を発行していて、Blogを投稿したり、コンテンツの投票を行うことでその通貨を得ることが出来る。そして私たちはそれをビットコインなどの他の仮想通貨に交換することができるのだ。このように、私たちはブロックチェーンによって、新しい経済圏で生きることが可能になる。

様々なサービスで様々な通貨が生まれれば、私たちは「自分が何に価値を感じて、何にお金を払うか」ということを選べる時代が来る。

とある人は、旅行スポットの写真をアップして通貨を稼ぎ、旅行好きのコミュニティの中で通貨をやり取りして生きていくかもしれない。あるいは、自分が困っていることを世の中に発信して、助け合うことで通貨をやり取りし、「思いやりと人助け」が通貨化される優しい世の中の中で生きていく人がいるかもしれない。

私たちが「何を大事に生きていくか」が、経済価値の交換に大きく影響する未来に、私たちは立とうとしているのである。

わたしたちが、迫られる「何に財産を賭けますか?」という問い

法定通貨の下で、私たちは資本主義に乗っかって生きている。お金を沢山稼げる人が所謂"シアワセ"な"勝ち組"で、シアワセになるには仕事で成功したり、家庭環境に恵まれなければならない。

だけど、新しい通貨や経済圏が生まれることで、私たちの“シアワセ”は多様化するのだ。なぜなら、選択肢がある状況において、通貨は「価値観」だから。

さきほどの例をあげるならば、沢山の旅行スポットに出向いている人が"シアワセ"なのかもしれないし、それはデスクで日々働くことを求められるお金持ちとは少し違うかもしれない。地方で暮らす人が評価される未来もあり得るかもしれない。あるいは、人助けに敏感な人間が「成功者」と呼ばれる未来も来るかもしれない。

私たちは「何を大事に生きていくか」を見極めることで実生活を送ることができるようになるかもしれないのだ。

そしてそんな未来の中で何が”シアワセ”になるために必要なのか。それは、“何が自分のシアワセなのか”を見極めることができることだと思う。

多様化する社会で、わたしたちがシアワセになる方法

自分がどんな人がタイプなのかをはっきり言えない人が多いように、自分が「どう生きればシアワセなのか」を語れる人は少ない。そして、自分だけのシアワセを見つけられない人がどうするかというと、私は"一般的なシアワセに寄せる"ことが多いように思う。

いい大学に行くことだとか、結婚することだとか、子どもが生まれることだとか、家を買うことだとか、全部クリアしている人は本当に幸せなのだろうか。世の中一般に言われる「シアワセ」をなぞっていけば、周りから「幸せそう」と呼ばれることができるけれど、実際に自分の心が満たされるかどうかはわからない。だけど、自分のシアワセのアルゴリズムを知らない人にとっては、「他人がシアワセだと評価している」ことがシアワセになる方法なのである。なぜなら、周りが「シアワセそう」って言ってくれるんだもん。「どうやら自分はシアワセなようだ」と容易に認知することが出来る。

しかし、経済圏の多様化は私たちにそんな甘えを許さなくなるだろう。経済圏、そして通貨が多様化することで、「あなたのシアワセってなんですか?」と幾多と聞かれる世の中がやってくる。「何に"お金"を払いますか?」を問われる世界がやってくる。

通貨は国だと言う人がいる。未だ私たちの“人種”が国によって分断されているならば、価値観の象徴となった仮想通貨によって私たちは「価値観」によって分断される未来が来るだろう。そして、“自分はどの通貨を使用して生きていくのか”という「価値観」を見つめられない人はその世界で無国籍な難民となるのである。

一般的な「シアワセ」にぶらさがった「シアワセそう」は崩壊する。とりあえず選んだ人生の黄金ルートの先に「幸せそう」と評価してくれる大衆はもう存在しない。その未来の中で、自分だけのシアワセを持たない人々はどのように幸せになるのだろう。その答えはきっと、まさに「その人だけが知っている」のである。

 

■■書籍『インカメ越しのネット世界』好評発売中■■

インカメ越しのネット世界 りょかち(著)

◯内容紹介
IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気の著者が、セルフィーアプリ、ネットレビュー、動画コミュニケーション、ネット広告の未来、マッチングアプリ、サブアカウント、SNS時代のブランディング、レガシーメディアとWEBメディアなどの新しいインターネット文化を独自の目線でエモく斬る! 幻冬舎plusので人気連載に書き下ろしコンテンツを加え、待望の書籍化。巻末には、はあちゅうとの15,000字を超える赤裸々対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も収録。さらに購入者限定にりょかちからLINEであとがきが送られてくる特典付き! 

 

↓↓購入はこちらから↓↓
◯電子書籍版(5/26発売)
Amazon Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B0728BJBNK/

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/rk/fddc2bcfbfc731678efe2d0dbd4f64bd/

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1237523367?mt=11

◯紙書籍<プリントオンデマンド版>
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071HV6CS3/

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定