小谷野敦著『文豪の女遍歴』(幻冬舎新書)――夏目漱石、森鷗外、谷崎潤一郎ほか、スター作家62名のさまよえる下半身の記録。姦通罪や世間の猛バッシングに煩悶しつつ、痴愚や欲望丸出しで恋愛し、それを作品にまで昇華させた日本文学の真髄がここに。

 

 

太宰治 ( 一九〇九 〜 四八 ) Osamu Dazai

 太宰治は、本名・津島修治、青森の名家の出で、父も兄も政治家、長女の夫が、自民党の津島雄二で、婿に入っている。作家の津島佑子は次女である。

 東大生の時、女給の田辺あつみ(田部シメ子)と心中しようとして、あつみだけ死んでしまって太宰は助かり、そのことに罪悪感を抱いていたのは知られている。

 しかし太宰は、特にあつみが好きだったわけではない。太宰には、初恋とか、好きになったが片思いに終わったとかそういう話があまりない。

 太宰の「カチカチ山」では、狸が兎に恋をしてひどい目に遭わされる(というか殺されてしまう)のだが、この狸のモデルは太宰ではなく、弟子の田中英光である。太宰自身は、プライドが高く、片思いなどできない男だったのだろう。実際、太宰が、斎藤茂吉や倉田百三が書いたようなこっ恥ずかしい恋文を書くなどということは考えられない。だから、太宰の恋文というのは、戦後の愛人だった太田静子宛の尋常なものくらいしかないのである。

 太宰は「道化」と自称するようなところがあったが、これは「絶対道化になりたくない」という意思の表明にほかならない。恋をするというのは、その逆の、道化になってもいい、という意思(というより、そんなことを考えない人格)から生まれるので、太宰には恋はできないのである。

 岸田秀の『ものぐさ精神分析』に、『人間失格』を評して、その女への侮蔑的な視線を論じたところがある。「その頃、自分に特別な好意を寄せている女が、三人いました。…『私を本当の姉だと思ってゐてくれていいわ』。/そのキザに身震いしながら、自分は/『そのつもりでゐるんです』。/と愁えを含んだ微笑の表情を作って答えます。(略)或る夏の夜、どうしても離れないので、街の暗いところで、そのひとに帰ってもらいたいばかりに、キスをしてやりましたら、あさましく狂乱の如く興奮し、自動車を呼んで、そのひとたちの運動のために秘密に借りてあるらしいビルの事務所みたいな狭い洋室に連れて行き、朝まで大騒ぎという事になり、とんでもない姉だ、と自分はひそかに苦笑しました」というところを引いて、その冷酷さをあげつらっている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

小谷野敦『文豪の女遍歴』

下司だ、覗き見趣味だと言われようと、文学者の異性関係を知るのは楽しい。彼らが当時の姦通罪に怯え、世間の猛バッシングに耐えながらも不義を重ねたり、人間の痴愚や欲望丸出しで恋愛し、破滅と蘇生を繰り返し、それを作品にまで昇華させるタフさに畏怖すら覚える。小説はモデルなど詮索せず、文章だけを虚心坦懐に読めと言う人もいるけれど、そんなつまらない味わい方はしたくない――。森鷗外から太宰治、芥川龍之介、谷崎潤一郎ほかスター作家62名の赤裸々な性愛の記録。日本文学の真髄と、生の根源がここに。