ロザン菅さんの『身の丈にあった勉強法』を発売前に読んで「感想文を送ろう」企画。絶賛、こちらでご紹介させていただいています!
よるさんの感想文は、いかにこの本が、楽しく読めて、でも、読みながら、「とても大事なことが頭に入ってくるか」について、アツく書いてあります。
「なぜ勉強しなければならないのか」って、誰でも考えること。その一文から始まってる感想文、勇気がもらえます!

 *****

【 よる 】さんから届いた感想文

「何故勉強をしなければならないのか」という、学生にありがちながら中々根本的な解決のむつかしい疑問や、大人になって「なんとなく」理解した心算でいた事を丁寧に掬いあげて、丹念に噛み砕いて言い表してくださった本だと思います。

 殊更気負わず、エッセーを読みながら、要所要所で「あゝ、そういう事か」「私がぼんやりと考えていたのはこういう事だ」ととても自然に納得がいく作りになっているので、学習法について書かれた本であるのだからと居住まいを正して精読するよりも寧ろ、勉強の息抜きに手を伸ばす軽い読みものとして本棚あるいは机に並べ、鞄にしのばせ、日常に何気なく触れる事のできるものとした方が、真価を発揮するのではないでしょうか。

万年筆で丁寧に書いてくださいました!

 学ぼうとして学ぶ事にも勿論充分な内容ではありますが、それを越えて、楽しく笑いながら読んでいる内に「学習」の核を理解できる、若しくは自分なりの“「学び」というもの”を整理することができる工夫が凝らされていると感じました。

 簡単に読める本、誰にでも理解できる本と表現してしまうと聞こえが悪いようですが、「どんな読み手にも筆者の意図が正しく伝わるよう平易な言葉を用いてわかりやすく、しかも飽きぬよう、ぼやけぬよう起伏をつけて書かれた本」です。文章のリズムや抑揚等、長い間みがかれた芸がにじみ出て、学んでいるとも気づかぬうちに、楽しく読み終えてしまえる本です。今まさに学問・勉学に向きあっている方々にも、そんな日々がほど遠く、あるいはなつかしく思える程年齢を重ねられた方々にも、「勉強法」という一語で躊躇せず、是非手に取っていただきたい一冊です。

 きっと、「身の丈にあった」気づきに出会えると思います。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

菅広文『身の丈にあった勉強法』

「正しい勉強方」を知らないと、人生で損をする! ロザン菅が、高性能勉強ロボ・宇治原を観察し続けて確信した、究極の学習術とは!? ベストセラー『京大芸人』シリーズのエッセンスが、たっぷり詰まってます!

今までに、ここまで言い切った「勉強本」があったか!?
高学歴コンビ・ロザンの菅が描く、無駄のない、でも、確実に成果の上がる勉強法!