囲碁棋士・井山裕太さんの囲碁・将棋界初となる2度目の七冠同時制覇を記念して、Windows向け囲碁ソフト「AI囲碁」を、幻冬舎plusの無料会員の中から抽選で5名様にプレゼントします。会員でない方も、会員登録(無料)をしていただくとすぐにご応募いただけます。

AI囲碁 Version20 Windows10対応版

デビッド・フォットランド氏によるAI思考ルーチン「Many Faces of Go」を搭載しアマチュア四段の棋力を持つコンピューター対戦型囲碁ソフト。
もちろん強さの調整や「待った」、3段階での思考時間調整も可能なので、自分の実力や空き時間に合わせて楽しめます。
動作環境・製品概要の詳細はこちら


※応募締切は2017年11月30日(木)23:59です。
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、会員登録(無料)をしていただくとすぐにご応募いただけます。
※送付先のお名前は会員登録時のお名前を使用させていただきます。変更がある方はログインのうえ、マイページからご変更ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。
※賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
※賞品の換金・譲渡はできません。
※賞品は予告なく変更することがあります。

井山裕太(いやま・ゆうた)さんプロフィール

囲碁棋士。1989年5月24日生まれ。大阪府出身。石井邦生九段門下。日本棋院関西総本部所属。
9歳でプロ棋士の養成機関である院生になった後、2002年に12歳で入段を果たし、プロ棋士となる。2005年、16歳4カ月で阿含・桐山杯を優勝し、史上最年少記録を更新。2009年には、七大タイトルの一つとなる「名人」を奪取。20歳4カ月で史上最年少名人となり、九段に昇段。破竹の勢いで数々の記録を塗り替えながら、史上三人目の七大タイトルグランドスラム、史上二人目の大三冠を達成。2016年4月に、囲碁界史上初の七冠同時制覇(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)を成し遂げる。その後、名人位を失うも、2017年10月に囲碁・将棋界初となる2度目の七冠同時制覇を達成する。内閣総理大臣顕彰受賞。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

井山裕太『勝ちきる頭脳』

囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた最強棋士が、初めて明かす勝利をモノにする思考法。「常識外」「独創」と言われる一手は、どのように生まれているのか。これからの囲碁界をどう捉えているのか。9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で七冠を達成した囲碁棋士の頭脳と思考、そのすべて。
・最善なら、リスクがあっても「打ちたい手を打つ」
・強い人を相手に「安全」や「堅実第一」では勝てない
・ミスを潔く認め、その盤面に平常心・自然体で臨む
・「読み」で導きだした無数の図を、どう「判断」するかが重要
・人が見た目で外すような廃案も残し、可能性を探る
・「定石は覚えて忘れろ」。情報は吟味・選択して自分のモノになる
など、ビジネスにも効く1冊。