発売即重版!

自律神経の名医・小林弘幸教授の新刊『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』から、心身に与えるスクワットの効果をお教えします。また、本書には、「朝晩5回から」の簡単で何歳からでもできる「ゆるスクワット」の6週間プログラムも掲載。


運動で体に小さなストレスを与えると健康になる

「スクワットが体によいのはわかったけれども、運動をするのは疲れるから苦手」と思っている方がいるかもしれません。しかし、体を適度に疲れさせること、すなわち小さなストレスを与えること、実はそれがいいのです。

 心と体は別々に捉えられることが多くありますが、本来ひとつです。しかし、現代人の多くは連動すべき両者が切り離された状態にあると言えます。

 一日中、頭を使って仕事をしたり、人間関係でストレスを感じたり、心は常に疲労困憊です。いっぽう体は、デスクワークが続いたり、のんびり部屋で過ごしたりして動かす機会がほとんどないため、まったく疲れがたまりません。心は疲れているのに、体は疲れない。これが慢性的に続くことで、心と体が徐々に切り離され、疲労度にギャップが生じていきます。その結果、「いつもなんとなく調子が悪い」という不定愁訴につながることが多くあります。

 この、心と体の乖離を防ぐ方法、それこそが「心と体の疲労レベルをそろえること」なのです。

 もちろん、心の疲労を取り去ることで、心と体のレベルをそろえられたら最高でしょう。しかし、残念ながらそれは不可能。生きている限りストレスはついて回ります。そこで、私たちにできる体へ疲労を与える方法が、筋力トレーニングなのです。中でも、時間や場所を問わず、気軽に行えるスクワットは、最適だと思います。

「体を大切にすることは、体を休めることだ」と思っている方がいますが、私はそうは思いません。本当の意味で、体を大切にするというのは、体が本来持っている機能を充分に働かせる状態に整えることです。

 それを叶えるために、最小限の努力で、最大限の効果をあげられるのがスクワットなのです。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

小林弘幸『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』

自律神経の名医が断言! スクワットは簡単かつ最強の健康法。足腰を鍛えるだけでなく、心身の老化を防ぐ「スクワット6週間プログラム」つき。

誰もがスクワットの方法は知っていて、運動に取り入れている人も多いはず。本書では、自律神経の名医が、なぜスクワットが健康にいいのか、医学的見地から解説した上で、「簡単で正しいスクワット」の方法をお教えします。