発売即重版!

自律神経の名医・小林弘幸教授の新刊『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』から、心身に与えるスクワットの効果をお教えします。また、本書には、「朝晩5回から」の簡単で何歳からでもできる「ゆるスクワット」の6週間プログラムも掲載。


腸を動かすから便秘に効く

 便秘が続くと、お腹が張って苦しいですよね。しかし、害はそれだけに留まりません。実は、便が出ないということは、全身に毒素をまき散らすようなものなのです。
 想像してみてください。
 炎天下に、生ゴミを放置しておくと腐ってイヤな臭いがしてきますよね。これって何かに似ていませんか?
 人の体温は約36℃です。そして、便秘というのは不要物が排出されず、腸に残っている状態です。

 そう、便秘はまさに、炎天下に放置された生ゴミを体内にずっと置いておくようなもの。時間が経てば経つほど生ゴミの腐敗は進み、毒素を放ち、それが血液に乗って全身に運ばれていくのです。

 全身に悪いものが巡るなんて、恐ろしいと思った方も多いでしょう。でも、毎日便が出ないからといって、下剤を飲むのはお勧めしません。

 私は1995年から順天堂大学で「便秘外来」を開設していますが、基本的に下剤は処方していません。下剤に頼って便を排出できたとしても、その場しのぎに過ぎないからです。大切なのは、腸のぜん動運動(不要物を押し出す力)をサポートすることです。

 ぜん動運動は副交感神経が優位なときに活発になるので、日ごろからリラックスを心掛けることが大切です。加えて、マッサージなどで体外的に腸の動きを促してあげると、さらに効果的。

 お勧めは、本書の「腸活スクワット」です。
 両手を頭の後ろで組むことで、指先と肩甲骨が連動するので、上半身をひねったときに脇腹がよく伸びます。脇腹がよく伸びると、腸も大きくひねることができるので、お腹を直接触らなくても、ラクにマッサージ効果を得られます。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

小林弘幸『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』

自律神経の名医が断言! スクワットは簡単かつ最強の健康法。足腰を鍛えるだけでなく、心身の老化を防ぐ「スクワット6週間プログラム」つき。

誰もがスクワットの方法は知っていて、運動に取り入れている人も多いはず。本書では、自律神経の名医が、なぜスクワットが健康にいいのか、医学的見地から解説した上で、「簡単で正しいスクワット」の方法をお教えします。