写真を拡大
白地を埋めるかのように、赤を入れていく。もはや〈文〉ではなく〈図〉のようである。


 Titleではその日に入荷した新刊をツイッターで紹介しています。「あの文章はその場で本を読んでから書いているのでしょうか」とよく聞かれるのですが、とてもそんなに速くは読めません。毎日入荷した本を手にとって眺め、少し読んでみてその本の良いところを探します。文章の美しさや書かれた内容の面白さ、装丁など、褒めるポイントは本により違いますが、その本を見て自然と思い浮かんだことをそのままことばにします。

 しかし『365日のほん』は、すぐに流れていくSNS上のことばとは異なり、紙に印刷され、買った人の手元に残ります。それに耐える強さを持つには、書いた文章を何度も見直すことが必要になります。

 人は自分でも説明できないようなことを、知らないうちに書いてしまっているものです。何度も同じ文章を見直すうちに、「意味が自分の腑に落ちていないことば」や「見栄で使った難解な言い回し」などの箇所に、次第に違和感を覚えはじめます。

写真を拡大
あとから読みかえすと意味の通じない文はあきらめ、わかるように文を足していく。

 そうした悪目立ちすることばを削る(もしくは自分の手の内にあることばに直す)と同時に、まだ何かもの足りず、もう少し説明が必要そうな箇所に文章を足していきます。そうした作業を何度も繰り返しているうちに、次第に文章が滑らかになり、引き締まってきます。

 その過程で重視するのは、個性よりは読みやすさです。個性は消そうとしても消せないものなので、あえて自分からは求めなくてもよいと思いますが、文章は読む人あってのものなので、独りよがりにならないように気を付けています。

写真を拡大
最終的には、滑らかになってきます。

 文章をどのように書くかもそうですが、どのような本を選ぶかということも、『365日のほん』では重要なことでした。「そうはいっても365冊もあるのだから、好きな本は一通り選べますよね」といわれそうですが、掲載される本の数が増えてくれば、似た傾向の本ばかりを並べていれば、読む人に平板な印象を与えてしまいます。それを防ぐには、統一されたテイストのなかでも、各ジャンルからバランスよく本を選んでくることが大切です。そのなかには、自分は読まないかもしれないがリストには含めたい本もあります。店の売場を作るときの引いた視点が、『365日のほん』のセレクションには活かされているのかもしれません。

写真を拡大
巻末に付けた、収録作品一覧。

 本屋にとってみれば、本を365冊選び文章を書くということは、その店のベストアルバムを作るようなものです。「ああでもない、こうでもない」と、様々な本を入れ替えながら選ぶことは、新しい店を作るように楽しいことでした。「何でこの本がないんだ!」というお叱りもあるかもしれませんが、100人いれば100通りのセレクションが存在します。そうした「私ならこうする」といった点も含めて、『365日のほん』を楽しんでいただければと思います。
 

 *次回は15日(水)の更新。ブックデザインなど、本の外回りが出来るまでを追いかけます。

 

 

今回のおすすめ本

 辻山良雄『365日のほん』(河出書房新社)

 全国の書店には11月23日以降に並びはじめますが、TitleのWEBSHOPでもご予約を承っております。ご予約、ご購入のお客さまには特典として「四季のカード」を差し上げます(4枚1セット。1枚はシークレットとして、ある写真家の作品が使われております)。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

◯2017年11月18日(土)12:00〜17:00 Title 店頭

ムカイ林檎店が今年もTitleにやってくる!
Titleのりんごジュースやアップルパイのリンゴの仕入れ先・三鷹のムカイ林檎店が、今年もTitleの店頭にてリンゴの行商にやってきます。販売は、産直の減農薬、ワックス無しの皮ごと食べられるリンゴのみ。手作りジャムやリンゴ酢も。詳細はこちら

 

◯2017年11月25日(土)〜12月24日(日)12:00 - 21:00 水曜日・第三火曜日定休  Title 2階ギャラリー

365日のほん展
店主・辻山が書いた『365日のほん』(河出書房新社)。そこで紹介された365冊が一同に並びます。壮観です。詳細はこちら

 

◯3月6日、Titleで行われたイベント「店主放談 堀部篤史(誠光社)×辻山良雄(Title)」(全9回)を、完全ノーカットで好評公開中!

 Titleウェブサイトでお楽しみください。

 

 

『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。