10月26日のプロ野球ドラフト会議で、注目の早実・清宮幸太郎の入団交渉権を日本ハムが獲得した。高校の大先輩・王貞治のホームラン記録868本を目標にし、憧れの大リーグ入りを夢見る高校生一塁手を球界もメディアも「即戦力」と大歓迎しているが、本当にそうなのか。

 クジで引き当てたとはいえ、そもそも日ハムがなぜ7球団競合の清宮をドラフト1位で指名したのか。日ハムといえば、たしかドラフト前、清宮側がセットした異例の親子面談を拒否したはずではなかったか。

 商売上手の日ハムは、高校卒業後即メジャー行きをめざしていた大谷翔平を「いつでもポスティングシステムで渡米させる」という“密約”で獲得した実績がある。

 今回獲得した一番人気の清宮も、近い将来「本人の希望」を理由にメジャーに移籍させ、20億円あまりの譲渡金を手にする腹なのだろう。

 もっとも、清宮がダルビッシュ有(ドジャース)や大谷のように、日本で抜群の実績を残してメジャーのオファーが殺到するかは未知数だが、ポスティング移籍ができなくても清宮人気で観客動員やグッズなどの広告収入で日本ハムが投資の元を取り戻せることは間違いない。

 

ポスティング密約は日本プロ野球への背信行為だ

 私は以前から、日本球界の財産が早々に流出する特例ルールのポスティングに反対している。日ハムが今回も清宮との入団交渉で「いつでも渡米OK」の密約を交わすとしたら、日本プロ野球への重大な背信行為だ。

 そもそも、清宮はそれほどの選手なのか。報道を見ると、清宮が目標とする早実の大先輩・王も「プロ野球全体の期待の星。あとはどこまで上がれるかチャレンジしてほしい」とエールを送り、メディアは「即戦力」のオンパレードだ。

 しかし、私はそうは思わない。

 日本ハムの栗山英樹監督は、「感動した。日本の、世界のホームランバッターにするんだという思いはもちろんある。本人が思っている以上に才能にはほれ込んでいる」と大はしゃぎだが、私が監督なら「この選手はどこで使ったらいいのか」と頭を抱えるだろう。

 

私が大学進学をすすめた理由

 たしかに清宮は184cm、101kgの体に恵まれ、高校通算史上最多の111本塁打を記録した。しかし太りすぎた巨体のせいで足が遅く(「50メートル走6秒3」)、一塁の守備もうまくない。

 長打力は魅力だが、ホームランは金属バットでの記録だったことを割り引けば、これから木のバットでプロの投手に打ち勝つのは大変だ。これでは即戦力になるはずがない。

 日本ハムは国内FA(フリーエージェント)で移籍の可能性がある一塁・中田翔の後継者として清宮を指名したのだろうが、中田が残留したら当分、清宮の出番はない。

 そのときはDH(指名打者)候補だが、新人にすぐDHが務まるほどプロ野球は甘くない。

 そして足が遅く、守れない選手を大リーグが獲るはずがない。

 私はこの連載でも、清宮には大学進学をすすめてきた。長打力は天性であり、将来のプロ入りには反対しないが、せっかく早稲田大学の系列校にいて大学進学ができるのだから、4年間みっちり野球の基礎を練習してからプロに行ったらいいと思ったのだ。

 たしかに、野球の練習ならプロのほうができる。しかし、一日中野球漬けで結果だけを追い求めるプロ生活と違って、授業で学び、一般学生との交流ができる学生生活には、プロの世界では味わえないメリットがある。

 一方、名声と大金が得られるプロ野球は人生の縮図である。10年か、長くて20年の現役時代に、一般社会の長い人生で起こるさまざまな体験をする。

 勝者がいて敗者がいる。天国があり、地獄がある。複雑な人間関係があり、ねたみや憎悪が渦巻いている。そういう勝負の世界で生き抜くためにも、大学で野球以外の常識と人間力を身につけたほうがいい。

 そして将来、現役を終えて指導者になったときも、大学生活で学んだことはきっと役に立つはずだ。

 球界では「プロに行くなら大学の4年間がもったいない」という意見が多いが、そんなことはない。「大学で力が落ちてからより、評価の高い高卒で入団したほうがいい」という見方もあるが、大学で力と評価が落ちるような選手なら、高卒でプロ入りしてもすぐ消えていくだろう。

 

木のバットでホームランを打てるバッティングを身につけろ

 しかし清宮は、進学のチャンスを蹴ってプロ入りを決めたのだから、ファンの期待に応えなければならない。

 そのためには、走り込んで巨体を絞り込むこと。そしてプロ野球で通用する走力と守備力を磨き、木のバットでもホームランが打てるようなバッティングを身につけることだ。

 まず日本のプロ野球で実績を残せなければ、大リーグは夢のまた夢になる。

 私はこれから未知の世界に飛び立つ青年に、冷や水をかけるつもりはない。

 野球界もメディアも、聞こえのいい「即戦力」でおだてあげるのは無責任だ。高校野球でホームラン記録をつくった大器がプロ野球で大成するためにも、プロの厳しさと本当の姿を教えるべきだ。

 そして清宮は、これから立ちふさがる高い山を自力ではい登れ。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

広岡達朗『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


電子書籍のみ!
読みどころ9章を抜粋した、ダイジェスト版を100円で発売中
→購入はこちら


生原伸久『東京オリンピック野球復活・陰の立役者 アイク生原の知られざる生涯』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

2020年の東京オリンピックで、3大会ぶりに野球が追加種目として復活する。
野球が初めて国同士の対戦として五輪種目に採用されたのは1984年、ロサンゼルス大会のことである。
その2年前、ロス五輪での野球競技実現に情熱を燃やした一人の男がいた。
27歳で単身渡米、大リーグ・ドジャースの雑用係からオーナー補佐に登りつめた日本人、“IKE”とはいったい何者だったのか? 55年間の人生すべてを野球に捧げた、その知られざる生涯に迫る。