幻冬舎とピクシブによる文芸小説に特化した投稿サイト「ピクシブ文芸」が、テレビ朝日と共に開催した、小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」(2016年10月27日~2017年3月31日まで)の受賞作品がついに決定しました。

これからのエンターテイメント界を牽引していく才能を探す本コンテストでは、ピクシブ開催の小説コンテスト史上最多の応募総数3600作品以上が集まりました。

力作揃いの中から大賞に選ばれたのは、小林大輝さんの『Q&A』です。
アルファベットで呼ばれる登場人物、そして被害者と犯人が交互に問いと答を出し合う「Q&A」の形式が取られるストーリー。練られた仕掛けを用いながら、世界の不条理や絶望といった哲学的テーマを探求する姿勢が素晴らしく、『Q&A』は、大賞とテレビ朝日のW受賞となりました。幻冬舎にて書籍化、テレビ朝日にて映像化が予定されています。

また特別賞として、文芸誌「小説幻冬」での連載権を獲得できる小説幻冬賞には『からっきし又右衛門』(Y.Iさん)が決定しました。現代の人が読んでも心に沁みる完成度の高い時代小説であり、二人の又右衛門を史実の中にうまく融け合わせていることが選考理由となりました。

表紙イラストを募集するイラストコンテストをpixivで開催&幻冬舎で電子書籍化が予定されているpixiv賞には『夢渡り』(枯河凍雨さん)、『旧暦編纂のサイダーセブン』(押さん)が選ばれました。

各社、各作品の詳しい選評については、コチラをご覧ください。
各作品の書籍化&映像化、乞うご期待ください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定