今回の回答者は岸見一郎さんです。
 

◎相談(負け組・グラフィックデザイナー・56歳・男性・愛知県)

 人生に絶望し生きる気力が湧きません。死にたいと思うこともしばしばありますが、自ら死ぬだけの勇気もありません。私は現在56歳、デザイン会社を経て50歳くらいまではフリーランスの広告デザイナーをしておりました。仕事もそれなりに順調でした。建てた家の住宅ローンも払い終わり、2人の息子も奨学金に頼らず大学を卒業させました。

 ですが、あのリーマンショック以降、クライアントとのパイプが次々と切れ仕事を継続することが不可能になりました。広告デザインしかやってこなかった50代に再就職の道はほとんどありません。いろんな業種に求人応募しましたが全部不採用。現在は食べるためにやむなく派遣型風俗店に就職しサイトデザインやバナー、女の子の画像加工などの仕事をしております。情け無いです。惨めです。収入も40代の頃の半分以下になりました。

 勤めている店は表向き株式会社ですが、社会保険も雇用保険もありません。仕事の内容は酷いものです。職場環境も劣悪で、だらしがない経営者の影響でまるでゴミ屋敷です。私が片付けても片付けてもゴミなどがいつも散乱しています。

 家族にもこんな仕事をしているなんて話せませんし、私の給料は女の子が身体を売って稼いだお金から捻出されていると思うとやり切れません。完全にメンタルを病んでしまい、心療内科に通っています。もう何年も笑った記憶がありません。それでも食べるために働いています。辛いです。私はもう現状から逃れる方法はないのでしょうか。

◎お答えします(今回の回答者:岸見一郎)

 現状から逃れる方法があるか、ないかといえばあります。ただし、そのためには大きな決心が必要です。
 まず、今の仕事をどうするのか考えなければなりません。仕事内容、職場環境に満足できず、それを改善するのが難しいのであれば、転職をするしかないでしょう。

 辞めるわけにはいかないのだといわれるかもしれませんが、現状から逃れたいと思われるのであれば、行動を起こさなければなりません。幸い、住宅ローンも終わり、息子さんたちも大学を終えておられるのですから、これからの人生を慎ましやかに生きることができないわけではありません。

 次に、過去の栄光を捨てなければなりません。過去を手放すことは時に簡単なことではありませんが、過去には戻れないという現実を受け入れ、今できることから始めるしかないと思います。過去を懐古するのは、往往にして、今の生き方を変えないためです。

 第三に、家族を信頼することです。今の仕事のことを話されていないとのことですが、家族に打ち明けてみられたらどうでしょう。あなたが一生懸命家族のために働いてこられていることに感謝されているはずですから、あなたを非難されるようなことはないと私は思います。

 もう何年も笑った記憶がないとのこと。私はフランスの哲学者、アランがこんなことをいっているのを思い出しました。
「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」

 毎朝、笑うところから一日を始めてみませんか?

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載がついに電子書籍化!

藤田晋『藤田晋のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


三砂ちづる『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


藤原美智子『藤原美智子のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


幻冬舎で「人生相談」お悩み募集!

「かけこみ人生相談」では、皆さまが今直面しているお悩みを募集しております。仕事、家族、お金、健康など、ジャンルは特に問いません。

ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。お悩みには、橋本治さん(1948年生まれ。小説・評論・戯曲など、縦横無尽に創作活動を展開)、三砂ちづるさん(1958年生まれ。津田塾大学教授。世界のお産・子育ての研究をとおして女性の生き方を提案)、藤原美智子さん(ヘア・メイクアップアーティスト。美容の技術から生き方まで幅広く支持される)、藤田晋さん(1973年生まれ。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。起業家のトップランナー)、岸見一郎さん(1956年生まれ。哲学者。アドラー心理学の第一人者)の5名の人生の達人にご回答いただきます。

→応募はこちら