“キャラ立ち”が成立するのは日本特有

写真:iStock/SeanPavonePhoto

 ロサンゼルスに住んでいると、毎日移民のことを考える。考えざるを得ないので考える。

 トランプ政権が強硬な移民政策を打ち出して以来、たびたびサンクチュアリ・シティ*の一つとして名前があがるように、ロサンゼルスは移民の多い地域だ。ロサンゼルス郡の全人口に移民が占める率は80年代以降急速に増加し、2010 年時点で35%に到達。そのうち、77%が80年代以降、そして22%が2000年以降の移民である。出身国はメキシコが41%と圧倒的だが、エル・サルバドル(7%)、フィリピン(7%)、グアテマラ(5%)、韓国(5%)がそれに続く**。

 仕事柄ということもある。心理カウンセリングでもソーシャルワークでも、クライエントさんの心理やニーズを探る上で、移民というのはチェック必須の項目だからだ。——というようなことを言うまでもなく、周囲の人たちを見渡してみれば、友人、知人、仲の良いご近所、事務所の同僚や上司、毎朝コーヒーを飲みに行くベーカーリーのオーナー夫婦とかかかりつけの医者とか、あの人もこの人も移民してきた人だし、そもそも自分も移民なのだから、これは考え抜くことを課されたテーマというほかはないのかもしれない。

 日本で暮らしていたとき、自分が移民になると思ったことは微塵もなかった。

 なかったがなってしまった今分かるのは、移民というのは大変なことである、ということである。だがその大変さを伝える前に、私は移民をおススメしたい。特に日本を出た事のない人には。なぜかといえば、まず第一に、Multi-cultureのなかで生きるスキルというものは、移民でもしない限り身につかないのではないかと思うからである。

 日本で生まれ育った日本人はそこではマジョリティなので、アイデンティティを自動的に肯定かつ保証されているのだが、アメリカでは(ロサンゼルスであっても)圧倒的マイノリティからのスタート。マイノリティである移民のなかでもマイノリティサイド。マイノリティであることの意味は、その人の価値観や文化習慣が認められていないということ。無視されたままかもしれないということ。

 黙っていても容認してもらえるという奇跡は訪れず、代わりに説明と譲歩と割り切りで他文化との摩擦をやり過ごしていくことに時間と労力を費やさねばならない。それは、マジョリティには免除されている時間と労力でもある。マイノリティとしてMulti-culture のなかで暮らすのは疲れるし、面倒だし、ときに真剣にしんどい。

「アメリカではアイデンティティは戦って勝ち取るものである」とは近所の高校生男子も言っていた(言うまでもなく、日本で言う”キャラ立ち”みたいな細やかな差異化はアイデンティティとは呼ばない)。多文化共生とはお互いの文化を理解し合うはるか手前にあって、それぞれがそれぞれの居場所を確保しあうことを認めることでしかないのではないか、とロサンゼルスで日々わたしは思う。

 

出身大学、働く企業名……日本で価値あるものにすべて意味がなくなる強烈な体験

 リトル東京の事務所に来る人たちはどこかで日本にルーツがある人が多いのだが、WW2以前の移民かその子孫である日系アメリカ人(ほとんどが1世〜3世だけれど、5世という人に会うこともないわけではない)、仕事や教育の可能性を求めて戦後移住してきた”新一世”、いずれ帰国することが前提の長期滞在邦人や学生、いわゆる国際結婚カップル(配偶者はアメリカ人とは限らない)やその子どもたちなどなど、まったくもっていろいろな経緯とパターンがあって、日本人・日系人というなかにも多様な文化のレイヤーがあることが分かる。 

 自分たちは移民だという認識を明確に持つ、また持たざるを得なかった日系人に比べて、新一世にその自覚は薄い。

 アメリカの移民法によると、移民ビザをとってアメリカに入国した時点でわれわれは新移民である。永住権をとって初めてLAXのCBP***を通過するとき、Welcome to the United States~A Guide for New Immigrantsというパンフレットを渡される。それを目にしてあらためて「そっか、自分は移民になったのね」と感じ入ったりはするものの、多くの日本人は、永住権を長い間キープしている人であっても、自分を移民とは思っていないふしがある。

 永住権を5年間保持していると市民権(米国籍)を取ることができるのだが、日本人は他国からの移民に比べ、なかなか(というかしばしば最後まで)市民権を取らないのも特徴。なぜかというと「いつかは日本に帰るかもしれない」と考えているからだ。そして、かなりの数の人が、実際に帰ってしまう。いったんアメリカ国籍をとってアメリカ人になった人でも日本に帰化して帰ることだってある。他国からの移民に言わせると、「全然移民じゃないじゃん」と言われる所以である。

 でも、そういう移民があっても、いいのではないか?

 ひとたび日本を出たなら、「日本人」というのは日本のパスポート(国籍)を持っているということでしかない。だから、国内で日本人という保証を持っていた気になっていたような人のなかには、その保証が霧散してしまってパニックになるケースが見受けられる。これまでその人を形づくっているように見えたスペック、例えば出身大学や親の職業や住んでいた街や就職した企業やTOEICの点や資格なんかはとたんに重みを失ってしまう。それは短期的に見たら強烈な喪失体験であるかもしれない。だが、いったんできあがってしまった価値体系(スキーマ)から自由になれる機会だととらえたらどうだろうか? ひるがえっていえば、そんな機会は移民以外にあるだろうか?

 移民は、自分のアイデンティティのピースをいったん手放し、またひとつひとつ吟味して集め直していくような、そんな心理的プロセスになり得ると思うのだ。大変だけど。

(註)
* Sanctuary City 聖域都市のこと。不法滞在移民を保護する法律を施行している。ロサンゼルスは、全米で初めて警察が逮捕した外国人の移民ステータスを尋問することを禁止した都市。

** http://dornsife.usc.edu/assets/sites/731/docs/LOSANGELES_web.pdf

*** Customs and Border Protection 税関国境警備局

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定