先日、ご案内したばかりの「あなたのモヤモヤをスッキリさせNight」。大好評により、再び開催されることになりました。
前回、気になりつつも、様子見だった方もぜひご参加ください。

……

2017/11/06 Mon
宮崎智之×朝井麻由美×清田隆之
「インターネットの“承認欲求ダダ漏れ問題”をぶった斬り!〜あなたのモヤモヤをスッキリさせNight2」

イベント詳細・予約はこちらへ→ http://bookandbeer.com/event/20171106_event/

 

2017年10月、フリーライターの宮崎智之さんによる
電子書籍『あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか』(幻冬舎plus+)
の出版記念イベントとして開催された「あなたのモヤモヤをスッキリさせNight!」は、日々の「モヤモヤ」を抱えた来場者で満員御礼。

本書の内容を元に登壇者たちが、彼氏面男子、駅のホームで抱き合い、海藻のように揺れるカップル、焼き鳥の串外し問題、サプライズ押し付け離婚、読モライターなど、日常生活や仕事で抱える「モヤモヤ」を言語化し、オフレコの内容も含めて大いに盛り上がりました。

そしてこの度、好評につき大人気イベントの第二弾を開催することになりました!

登壇者は、前回と同様、フリーライターの宮崎智之さん、ライター、編集者の朝井麻由美さん、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さん。

今回、焦点を当てる「モヤモヤ」は、インターネットの“承認欲求ダダ漏れ問題”です。

インターネットが普及してから、誰もが簡単に情報発信ができるようになりました。便利になった一方、全身全霊をかけすぎて、バランスを崩している人もよく見かけます。インフルエンサー、ユーチューバー、生主といった、さまざまなカテゴリが生まれ、彼らに憧れて真似をする人も増えています。

インスタ映え、自撮り写真、すっぴん公開、セルフブランディング、クソリプ、人脈自慢、過激動画など、誰かの“承認欲求ダダ漏れ”なインターネットの言動にモヤモヤしたことはありませんか?

当日は登壇者に、自身がインターネットで感じた「モヤモヤ」を言語化して語ってもらうほか、事前にアンケートで集めたみなさんの意見を、ユーモラスに楽しくぶった斬っていただきます。

また、前回のイベントで「もっと長く話してほしかった」という要望が多かった「読モライター」についても、(こちらは少し真面目に)語っていただく予定ですので、お楽しみに!

【出演者プロフィール】
宮崎智之(みやざき ともゆき)
1982年3月生まれ、東京都出身。フリーライター。書籍の編集や構成を多く手がけるほか、カルチャーや男女問題についてのコラムも多数執筆。担当書は、『総力取材! トランプ政権と日本』(NHK出版新書)、『広報の仕掛け人たち PRのプロフェッショナルはどう動いたか』(宣伝会議)など。2017年9月、電子書籍『あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか』(幻冬舎plus+)を出版。
Twitter:https://twitter.com/miyazakid

朝井麻由美(あさい まゆみ)
ライター、編集者、ルポエッセイスト。著書に『「ぼっち」の歩き方』(PHP研究所)、『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA/中経出版)。一人行動が好きすぎて、一人でBBQをしたり、一人でスイカ割りをしたりする日々。
Twitter: https://twitter.com/moyomoyomoyo

清田隆之(きよた たかゆき)
1980年、東京都生まれ。ライター、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒業。これまで1000人以上の悩み相談に耳を傾け、それをコラムやラジオで紹介している。ウェブメディア「日経ウーマンオンライン」「cakes」などで連載。現在、早稲田大学の水谷八也教授とともに「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」を毎月開催。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)『大学1年生の歩き方』(左右社)『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)がある。
Twitter:https://twitter.com/momoyama_radio

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

宮崎智之『あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか 完全版』
→幻冬舎plusで試し読み・購入する
→Amazonで購入する

どこかで災害が起きると、笑顔の写真をSNSにアップすることは不謹慎にあたるのか?
スーツ姿にリュックは非常識なのか?
職場でノンアルコールビールを飲むことは許されないこと?
やっぱり男が女におごらねばならないのか?
……などなど、その線引きがよくわからない現代社会のルール。
最近は、ますます複雑化しています。
本書は、恋愛、仕事、悪女、マナーの4つの角度から、世の中の「普通」を解体。
スッキリとタメになる、現代を生きるための必読書。