写真:iStock

平成の世における「固定電話」とはなんぞや?

「固定電話がないのって、やっぱり落ちつかない……」

先日、母がボソっと口にしました。

母には格安SIMとSIMフリースマホを使ってもらっているのですが、新しいスマホにSIMカードを入れ替える作業は私の担当。そんな作業をしている私の横で、母がそう言ったのです。

さて、以下、固有の会社名や商品の名前が出てきますが、執筆時点において、私とそれらとの間に通常のユーザー以上の利害関係はございませんのであしからず。

実家の固定電話を排除しようという話が出たのは、2年ほど前だったでしょうか。たいして使いもしないし、携帯電話代もかかる。「電話をどうにかしよう。電話代を削減しよう」という父の一言から始まりました。

そもそも固定電話を持っていなかった私もその意見には大賛成で、結局実家の固定電話を排除すると同時に、両親の携帯電話をSIMフリーのスマホに変え、いわゆる格安SIMに乗り換えたのでした。

私と両親が使っている格安SIMは「OCNモバイルONE」です。私が以前から使っていたので合わせてもらいました。「050plus」というIP電話がセットになっており、その050番号同士であれば通話は無料でメッセージの交換も可能です(データ通信等を利用したものですので、その料金がかかる可能性はあります。)。050番号は、海外にいても「日本に存在している」という前提で使えるため、非常に便利です。

ちなみに格安SIMを使っているという話を知人にすると
「不便じゃないの?」
「本当に安くなる?」
という質問を受けることがよくあります。通話の頻度やスマホ本体にどれだけのお金をかけるか等にもよりますが、私自身の携帯電話料金は確実に削減されました。スマホはSIMフリーのiPhoneを使っていますが、本体代を考えても安くなりましたね。

確かに、一般的に格安SIM業者は店舗を持っていないケースも多く、問い合わせは電話かメール。電話がなかなかつながらず、長時間待たされることもあります。

ただ、いわゆる携帯電話屋さんのサービスカウンターにいっても、かなり混雑している時がありますよね。それに、料金プランが複雑で、ついていけないこともありました。
店舗がないために困ったことは今の所ありません。

また、格安SIMは月々の基本料金をおさえ、通話料は標準価格に設定することで、安く維持しやすくしているなど、それぞれに特徴があります。通話料の点は、先ほどの050番号やその他の無料通話アプリで解消できることもたくさんあります。私はもともとほとんど通話をしないので、この点もまったく困りません。

長電話対策にも、たとえば、私が使っているOCNモバイルONEであれば、電話番号の前に一定の番号を付与することで通話料が半額になる「OCNでんわ」という仕組みや、「10分かけ放題」「トップ3かけ放題」といったオプションが用意されています。10分かけ放題は「月額850円(税込918円)で、10分以内(1通話あたり)の国内通話が回数無制限で0円」(ウェブサイトより)になるというもの。また、トップ3かけ放題は月額850円(税込918円)で、その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円」(ウェブサイトより)になるというもの。さらに、かけ放題オプションをダブルで設定するオプションもあります。

他の格安SIMのことは詳しく知らないので記載しませんが、こうしたサービスを利用すれば、通話料金の問題の多くを解決できると思います。

 

それでも固定電話が恋しい母のために

ところで、上記のように電話料金を気にせずたくさん電話できるオプションについて説明をした私に、母はこう言いました。

「料金だけの問題じゃないの。携帯電話だと落ち着かないから、結局、長電話を楽しめない。今は出歩けるからいいけれど、もっと年をとって電話くらいしか楽しみがなくなった時には寂しいな」
というのです。要するに、料金に加えて、あのどっしりとした「電話機」が重要らしいのです。

正直、その気持ちはよく理解できませんでしたが、慣れ親しんだ生活を変化させていくのは誰にとっても難しいことだという点はわかります。私も年々、時代の変化についていくのが大変にると感じていますから。

さて、実は、そんな母にまだ伝えていない奥の手があります。以下の商品(サービス)は、私自身が利用しているものではないのですが、おそらく、母の問題を解決してくれると確信しています。
それは、固定電話型携帯電話です。携帯電話回線を使った電話で、電波の入る場所であればどこでも利用できるのですが、形は固定電話というシロモノです。

たとえば、Ymobile(ワイモバイル)の固定電話型PHS「イエデンワ2」。3年契約の縛り有りの場合、月々の基本料金は約1,400円。さらにYmobileは「スーパー誰とでも定額」という国内通話に関して時間制限なしのかけ放題オプションを月額約1,500円で提供しています。これらの料金体系は2018年の3月末で受付を終了するようですが、月々3,000円で国内通話はかけ放題というわけ。弊社で利用しているYmobileのPHSの機種変更をするために店舗を訪れた際に見かけて以来気になっていたのですが、いわゆる固定電話よりも良い気がするのは私だけでしょうか。

同様のサービスとして、MosimosiiX(もしもシークス)の「すごい電話」もあります。こちらも固定電話型携帯電話で、かけ放題オプションを利用しても月々約3,000円です。
固定電話型の携帯電話なので、電話番号は090等になりますから、固定電話とまったく同じではありません。また、本体代も別にかかりますが、一生を同じ家で過ごすことが難しいこの時代には、番号そのままで持ち運び可能な『固定電話型携帯電話』が大きな力を発揮することもあるように思います。

今回の記事で、これがベストな選択だとか、固定電話はもういらないとか言いたいわけではありません。それぞれの人にもっと合うサービスやもっと安いサービスがあるかもしれないので、それについて考えてみてはいかがでしょうか、という提案です。

時代は常に変化していて、便利なサービスが世の中にどんどん生まれています。それをできるだけ自分に馴染む方法で利用するのが賢い生き方だと思うのです。

なお、私と私の両親にとっては、こうした電話の話題が、互いの価値観やこれからの生き方などについて話すきっかけにもなっています。やはり「電話」は、便利なコミュニケーションツールだと言えるかもしれませんね。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

平林亮子『お金で損しない超基本20』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)
 


平林亮子『損しないのはどっち?』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→書籍の購入はこちら(Amazon)