「12星座」シリーズで人気の石井ゆかりの最新星占いが読める「星ダイアリー2018」。
9月末の発売以来、早くも多くの方々にご好評いただいております。この度はヒットを記念して、星ダイアリー2018年版に収録されている1月の12星座占いを大公開します。
また、著者の石井ゆかりさんからの「星ダイアリー2018」の紹介の言葉として「はじめに」の文章を抜粋いたしました!

 

星ダイアリー2018「はじめに」よりーーー

テレビや雑誌等の「今日の運勢」「今月の運勢」等の占いは、とても人気があります。幼い子どもでも「運勢」の意味を知っていますが、改めて「『運勢』とは何か?」と考えると、どうも、よくわからないのです。目にも見えず、手でも触れられないこの「運勢」とは、一体、何なのでしょうか。

私たちは、日々、自分の力でより良い一日を過ごそうと努力します。
自分の意志で決定し、選択し、自分の手でいろいろなものを生み出して生きています。
ですがその一方で、自分ではどうしても選べないものもあります。
生まれおちる場所、親、性別、持って生まれた体質や性質等々、人生の最初から、まったく自分では選べないものばかりです。
日々の生活でも、お天気が選べず、朝のニュースは意外なことばかりで、家族のご機嫌から電車の遅延まで、ありとあらゆる偶然に振りまわされ続けます。
この、自分の力ではどうにもならないことたち、自分では選ぶこともコントロールすることも変えることもできないことの全てを、私たちは「運」と呼び習わしているようです。

中には、「悲しみも苦しみも全て『運』から来ていて、星の動きが『運』を決定しているのだ」と考える人々もいます。
ですが果たして、本当にそうでしょうか。

「日々是好日」という言葉があります。
そのまま読めば「毎日がいい日だ」となりますが、この「いい日」が、「良い日」ではなく「好い日」である、ということが、私には、とても素敵なことだなと思えるのです。
というのも、この「好」という文字は、「女性が子どもを抱いている様子」から来ているのだそうです。

たとえば、泣いている幼い子どもを愛らしく思って抱き上げるように、今日という、ちょっと困ったところもある一日を「好きになれる」ならば、それは、素晴らしいことだと思うのです。

もちろん、私たちは自分の感覚で、今日という日の全てを感じ取ることができます。

でも、星の動きがその「今日という日」という幼子の心を知るための、ちょっとした手掛かりになるとしたら、どうでしょうか。

私たちの日々の生活は、思い通りにならないことばかりで、まさにだだっ子のようです。

でも、それを何とか抱き上げて、あやしてあげたとき、その日が私たちににっこり笑いかけてくれたなら、私たちは無上の喜びを感じます。

おそらく、ただ「運が良かった」だけの人生では、私たちは決して、本当の意味で「幸福」には、なれないのではないでしょうか。

手間のかかる子どもの世話をするように、自ら人生の偶然に働きかけて、うまくいかないかもしれないリスクを負って、そこで「何か」が起こったときこそ、私たちの人生は充実するのだろうと思います。

仮に、そんなふうに「だだっ子のように思い通りにならない日々を、抱き上げる」ことができるとして、本書がそのささやかな手掛かりになれば、これ以上のことはありません。

 

石井ゆかり 20181月の12星座占い

 

牡羊座の1月

■多忙な年明け
年明け早々、非常に忙しい雰囲気に包まれています。面白そうなチャンスや頼まれごと等、嬉しいことから少々面倒なことまで「やるべきこと」が山積みになっているかもしれません。ですがそこには、かつてとは違った不思議な「柱」が通っていて、貴方の中には新しい気合いや勇気が満ち溢れているはずです。新しい責任感、新しいリーダーシップ、新しい「力」の感覚が、貴方を輝かせているだろうと思います。

■他者からの「プッシュ」
この時期は、人から「熱く推挙される」時期でもあります。あるいは、素晴らしい提案を受けたり、「これは貴方にぴったりだと思う」というふうに、人から何かを選んでもらえたりするかもしれません。有形無形に人から「受け取るもの」の多い時期で、この動きは秋まで続いていくのですが、特にこの時期は「貴方にこそふさわしい!」という強い推薦の気配が強いように思われます。手渡されたものは、まずは吟味を。

■1月2日前後の「居場所」を中心とした動き
年明けは故郷へ帰る等「居場所」「身内」を意識させられることの多い時期ですが、この年明けは特に、弱い部分を守ってもらったり、足りないものを補ってもらったりする喜びを深く感じられるかもしれません。

■1月末、夏へ繋がっていく愛のドラマ
31日前後、かねてからの愛に関する努力が、少々ミラクルな形で「報われる」かもしれません。ここでの出来事は、8月のドラマに繋がっていきます。クリエイティブな活動に取り組んでいる人にも、嬉しいことが多いでしょう。

 

牡牛座の1月

■熱く盛り上がり、膨らむ「人との関わり」
1月は人間関係が非常に活発な動きを見せるでしょう。人に会う機会が多くなりますし、刺激的な出会いやタフな交渉等、あらゆるパターンの「関わり」が、貴方を強く揺さぶるはずです。「人間関係とパートナーシップ」は、牡牛座の2018年全体にわたる一大テーマですが、このテーマが年明けからガンガンスピードを上げて展開していきます。貴方自身、他者に対してこれまでにないようなアプローチを試みたり、敢えて未知のバックグラウンドを持つ人に働きかけたりするようです。

■遠方との、時間をかけた交流
この時期の「熱い人間関係」は、物理的な距離もやすやすと越えて展開します。遠くまで誰かに会いに行くことになるかもしれませんし、遠くから貴方に会いに来てくれる人もいるでしょう。特に「師」となってくれるような人物に出会える可能性も高い時期です。人から多くを学べますし、逆に貴方が「先生」の役割を担って、人を導くことになるのかもしれません。勉強や研究活動自体にも、熱がこもるときです。

■1月2日前後、とても大事な対話の気配
年明け早々、重要な対話が発生しそうです。「折り入って話があるのですが」という「話」は、相手だけでなく貴方自身にも非常に大きな意味を持つ内容に展開していくでしょう。過去よりも未来を見据えた話を意識したいときです。

■月末、居場所が特別な形で「定まる」
家族や身近な人に対して傾けてきた努力が「報われる」ようなタイミングです。「ここが自分の居場所だ」という特別な思いを抱けるかも。

 

双子座の1月

■「積極的受動性」を発揮する
自ら率先して働きかけるよりは、「人のアクションに対してレスポンスする」ような動きが求められるかもしれません。人からの提案を受けたり、人から出動を要請されたりしてから動く、というパターンが多くなりそうなのです。人の意図や意向を汲み取りながら動くとき、かえって貴方の創造性や自由な行動力が解放される気配があります。特に、対立する人々や、膠着状態になった状況を、貴方がキーパーソンとなって調整していける時期でもあるようです。持ち前の調整力が輝きます。

■「好条件」を勝ちとる
自分自身のための「調整」も、この時期はうまくいく傾向があります。特に、就労条件や生活の様々な条件が「自分に合っていない」という感覚を抱いていた人にとって、その条件を転換し、今の自分に合った生活を再構築することができるときです。ここでの「調整」には、ある種「戦い」の雰囲気もあります。摩擦を怖れず、勇気を出して自分に必要なものを勝ちとることも、長い目で見れば大切な「責任」です。

■人から受け取れる「ギフト」
不思議と、人が素敵なものを贈ってくれるときです。特に、この時期は「長く使えるもの」や「使いこなすのにちょっと手間がかかるもの」を受け取る場面が多いかもしれません。時間や手間をかけるだけの価値があるものに出会えます。

■月末届く、少し不思議な朗報
31日前後、ミラクルな朗報が飛び込んできそうです。貴方がこれまで理想を目指してやってきたことが、意外な形で認められるかもしれません。

 

蟹座の1月

■愛と情熱の季節
好きなことに打ち込める時期ですし、愛する人とドラマティックな時間を過ごせる時期でもあります。「愛」は2018年を通しての蟹座のテーマの一つですが、年明け早々、かなり熱いドライブがかかっています。いつになく激しい感情が胸に湧き、自分でも驚くような勇敢な行動を起こす人も少なくないでしょう。人間関係全般が活性化する時期でもありますが、この時期貴方と一対一で向き合っている人々は、あたたかな愛情と冷静な理性の両方に支えられていて、貴方の爆発するような「熱」をしっかり受け止め、必要な場合は軌道修正してくれるようです。パートナーシップにも新しい柱が生まれます。

■クリエイティブな活動と、その受け取り手
創造的な活動にも熱い追い風が吹きます。素晴らしい作品を生み出せたり、自分を思い切り表現できる舞台に恵まれたりするときです。目立つことを怖れず、できるだけ「前に出る」ことを意識したいところです。この時期は、「自分の創造性の発露を、誰に受け取ってもらうか」ということも、とてもハッキリしています。「この人のために頑張りたい」という思いが、貴方を押し出し、あるいは導くでしょう。

■2日前後、大事なターニングポイント
年明け早々、頑張ってきたことが認められた上で大きく前進できるような転機が巡ってきます。行動を起こす覚悟が決まります。

■月末、経済面での大きな動き
31日前後、経済・物質面で意外な「果実」を得られそうです。生産性や収入、節約等に関して頑張ってきた人は、大いに報われるでしょう。

 

獅子座の1月

■「居場所」を改造する情熱
2018年を通して「居場所をつくる」ことが獅子座のテーマとなっていますが、この年明けは特に、その展開が速く、勢いの強い時期です。引っ越しや模様替え、家族構成の変化等がどんどん進展しそうです。年末年始は「家族・身内」と再会し、その関わり方に多少の変化が起こりやすい時期ですが、今回は特にその振り幅が大きいようです。

■サポート役、調整役としての実力
身内や身近な人々、同僚や友だち等、様々な立場の人々から「援助要請」を受けるかもしれません。忙しい時期ですが、そこには「好意」がたっぷり詰まっていて、受け取れるものや返礼も多いでしょう。

■生活改善の検討
年末年始は生活を見直す機会の多い時期ですが、今年は特に「生活改善」「体質改善」を決意し、実行に移す人が多そうです。小さなことでも、長期的に積み重なると大きな威力を発揮します。悪習慣を解消し、良い習慣を取り入れて軌道に乗せられます。

■夏に繋がっていく大きな転機
31日、貴方の星座で月食が起こります。時間をかけて積み重ねてきたことが、蛹が蝶に変わるように「羽化する」ようなタイミングです。この時期は特に、誰かの密かな期待に気づくと同時に、それに応える方法をも発見できる、といったこともあるかもしれません。2017年の夏にドラマの「第一章」が置かれていて、ここではその「第二章」が、そして2018年夏に「第三章」が展開していく、とも言えます。去年の夏の出来事を思い返してみると、起こっていることの面白さがより深くわかるかもしれません。

 

乙女座の1月

■コミュニケーションが活性化
「コミュニケーション・勉強・旅」は2018年を通しての乙女座のテーマですが、年明けから一気にスタートダッシュ!の勢いに溢れています。たくさんの対話が生まれますし、生まれた対話が「継続していく」のも、この時期の面白いところです。勉強にも勢いがつきますし、旅に出る機会も増えるでしょう。知的に非常に活性化しているので、時に「頭がパンクしそう!」という状態になることもあるかもしれません。とはいえ、この時期は「交通整理をしよう」「無駄なところを見極めて切り離そう」といったような「整理整頓」は、まだあまり意識しなくて良さそうです。ひとまず広がるだけ広げてしまったところに、何か新しいものが見えてくるはずです。

■華やかさと確かさの両方が備わった、愛の季節
年明けから愛もめいっぱいに活性化していきます。恋愛やパートナーシップ、子育てや趣味の活動等、全て貴方の情熱に基づく活動は、花開くように前向きに展開していくでしょう。この時期の特徴として、「一時的なものに終わらない」ということがあります。愛も楽しみも、長期的な軌道に乗ります。クリエイティブな活動も、ここで始めたことは三日坊主に終わりません。

■過去に散らばった欠片がまとまる
月末、少々不思議な現象が起こりそうです。過去に散らばったバラバラの欠片が、ある出来事をきっかけに、全体として大きな物語にまとまってゆくようなのです。誤解が解けたり、相手の謎の行動の真意を伝えられたりするところから、そのプロセスが始まるのかもしれません。「過去からのメッセージ」を受け取れます。

 

天秤座の1月

■経済、物質面が大きく進展する
「経済面での成長」は、2018年を通しての天秤座のテーマですが、年明けから経済・物質面で勢い良く動けます。特に、収入を増やしたい人、欲しいものがある人は、かつてなくアクティブに、あくまで「自分に合った方法」を探し始めるでしょう。「頑張っていれば誰かが認めてくれるはず」といった待ちの姿勢から、「自ら報酬についての交渉に臨む」という能動的姿勢に切り替えることができます。今までは「これでいい」と満足していたところで「これがいい」と言えるまで妥協しないような、強い気持ちを持てるでしょう。「欲しい」という思いで行動することは、悪いことではありません。2017年に植えた苗が最初の実を結び、その実の収穫に集中する人も少なくないでしょう。

■居場所に訪ねてくる「お客様」
来客が多そうな時期です。「お客様」は、貴方の居場所の「可能性」についていろいろ、教えてくれるでしょう。周囲の人たちの指摘や示唆によって「この居場所を、もっと美しい場所に育てていけそうだ」という思いが湧いてきます。

■目標と報酬の再定義
年明け、大きな達成感を味わえる場面があるでしょう。さらに、そこから何を目指せるか、ということにも意識が向かいます。「次の目標を達成したとき、自分の手に入るものは何か」を確かめ、そこに向かって進んでいけます。

■「夢」へ繋がる階段の出現
月末、かねてから漠然と願っていたことが叶うような、現実的な方法が見えてくるかもしれません。去年の夏のドラマの「続き」が展開します。

 

蠍座の1月

■「自分」を解放できるとき
貴方の中に埋蔵されていた燃料に、どんどん火がつくような時期です。2018年は1年を通して「新しい自分を発見する」ような季節ですが、中でもこの年明けは最もその「発見」のプロセスが急ピッチで進むタイミングと言えるでしょう。やりたいことがどんどん出てきたり、自分自身と闘い続けたり、今まで無意識に目を背けていた自分の可能性と向き合ったり、等々、「自分自身」に新しい光を当てて、眠っているものを引っ張り出すような作業が進んでいきます。とてもアクティブな、忙しい時期です。

■たくさんのコミュニケーション
たくさんの対話が生まれます。雑談から真面目な議論まで、あらゆる話をする機会に恵まれるでしょう。貴方のほうから相談を持ちかけることもあれば、「相談に乗って欲しい」と頼まれる場面もあるはずです。口火を切ったのがいずれの側であっても、最終的には貴方にとって、多くのことを学べる機会となります。

■遠くから伝わってくる好意
年明けは帰郷や年賀状等、離れた場所にいる人と「繋がりやすい」時期ですが、今年は特にその気配が濃厚です。距離を越えて愛を受け取れるときです。

■大きな達成感と「その先」にあるもの
月末、かなり大きな目標を達成できそうです。この目標達成には不思議な経緯が絡まっている上、副産物も多く、意外性が詰まっています。特に、去年の夏頃から頑張ってきたことにここで一定の成果が出て、さらにその先のチャンスが与えられる、といった展開になるかもしれません。夏の新展開に繋がっていきます。

 

射手座の1月

■「押し入れの大掃除」のような作業
「今は使わないもの」「人目に触れさせたくないもの」等、押し入れには様々なものが入っています。入れたときには覚えていても、月日が経つと何を押し込んだか、忘れてしまうものです。心の中にも、人生の中にも、そうした「押し入れ」のような場所がありますが、この時期はそんな「押し入れ」を開いて、中に入っている様々なものを取り出し、新しい命を吹き込めます。持っているのを忘れていた「武器」を見いだす人もいるでしょう。古くて新しい力を取り戻せるときです。

■「隠れた敵」の克服
コンプレックスや罪悪感、後悔や嫉妬心等、私たちの内面にはたくさんの「内なる、隠れた敵」が存在します。この時期はそうした「自分の一部でありながら、自分をジャマするもの」と向き合って打ち勝つことができます。過去に何度トライしてもうまくいかなかったことがあれば、その本当の原因がわかるかもしれません。

■経済面での地に足のついた進展
経済的に前向きな動きが起こります。ちょっとした「お年玉」のような嬉しいことがある一方で、「ここから小さな努力を積み重ねて、大きく育てよう」といった、長期的な計画をスタートさせる人もいるでしょう。

■「満を持して」辿り着ける場所
月末、かなり遠くまで出かけることになりそうです。長らく憧れながら行けずにいた場所に、奇跡的にいくつかの条件が揃った結果、行けることになるのかもしれません。そこはゴールではなく、次の場所への中継地点であるようです。

 

山羊座の1月

■忙しくも楽しい時期
年明けからとても忙しいでしょう。山羊座の人にとって、お正月はお誕生月でもあり、「新しくスタートする」感覚が特に強いタイミングだと思いますが、今年は幾重にもその雰囲気が強められています。かなり大きな計画に着手する人もいれば、「原点に戻る」ための行動を起こす人もいるでしょう。きりっと気持ちの引き締る、「覚悟を決める」ようなタイミングです。ですがその一方で、とても楽しい、キラキラ光るような時期でもあります。誘われたり褒められたりと、嬉しい場面が多そうです。貴方の笑顔を必要としている人がたくさんいる、ということに気づかされるかもしれません。

■新しい野心の芽生え
新たな夢や情熱がわき起こってきます。「未来」のイメージが、かつてとはまったく違ったものになるでしょう。挑戦したいことをあれこれ思いつくでしょうし、もっと高みを目指せるかもしれない、という可能性が見えてきます。たとえば、受験生が思い切って志望校のランクを上げるような、そんな心の変化が起こりそうです。

■関わりを「広げる」
人間関係が熱い広がりを見せます。出会った人とすぐに意気投合して、タッグを組んで動き出す、といったことも起こるかもしれません。目標や情熱を共有できる仲間に恵まれます。仲間同士が衝突するのも、お互いが真剣だからこそです。

■不思議なギフト
月末、少々不思議なギフトを手にできるかもしれません。この出来事は、2017年の夏に起こった出来事の「続き」です。さらに今年の夏のドラマに続いていきます。

 

水瓶座の1月

■多忙を極める、挑戦のとき
2018年を通して、「野心と挑戦」は水瓶座の大きなテーマとなっていますが、年明けは特に「勝負」のムードが濃いようです。ガンガン挑戦して、大いに成果を挙げられます。仕事や対外的な活動において非常に忙しい時期ですが、取り組みの結果として得られるものがとても大きいでしょう。目立つ場所に立って注目されながら大活躍できる、熱い年明けです。難しそうなことでも、やってみると結構できてしまうはずです。

■「一人の時間」の豊かさ
外に出て活躍する時間が熱ければ熱いほど、「一人でいる時間」もまた、その重みを増すようです。この時期は「敢えて一人になって戦略を練る時間」がとても重要です。周囲からは迷いなく進んでいるように見えても、内心ではかなり迷っている部分があるかもしれません。ですが、その迷いこそが、この時期の貴方の「活躍」に、面白い説得力を加味しているのです。見えない場所から支えてくれる人にも恵まれます。

■生活習慣から生まれるもの
良い習慣も、悪い習慣も、長く続けているとそれなりに大きな「結果」に繋がります。年明け早々、自分の生活習慣を見直す機会が巡ってきそうです。

■人間関係における「ミラクル」
月末、人間関係が不思議な動きを見せます。長らくつき合ってきた相手の本心に触れることができるかもしれません。あるいは、ひょんなきっかけで大切な約束を交わすことになるのかもしれません。誰かと貴方の一対一の関わりにおいて、たとえば「知人」が「親友」「パートナー」へと変わるような進展が起こりそうです。

 

魚座の1月

■遠く旅に出る
旅行の気配が濃厚です。年末年始は帰郷したり、海外旅行に出たりと、移動が多い時期と言えますが、今年は特に遠くまで行くことになりそうです。2018年を通して「旅」は魚座のメインテーマですが、この時期は最もその「プッシュ」が熱いタイミングと言えます。誰かから強く誘われたり、あるいは胸の中の「燃料」に火がついたりする場面があるでしょう。中には、移住先を探すための旅に出る、という人もいるかもしれません。

■精力的に学ぶ
勉強や取材、研究活動等にも強い追い風が吹きます。自分でも驚くほど、ぐんぐん先に進むことができるでしょう。学べば学ぶほど知りたいことが出てきますし、素晴らしい集中力を発揮できます。また、この時期は「勉強や研究において、自分に合ったやり方を見つける」ことができるときでもあります。

■長期計画と短期計画
数年先のことまで見通した上で、そこから逆算するように短期計画を立てていけるときです。時間をかけて取り組みたいテーマに出会い、それをしっかり完成させるためには今、何をすべきか、というふうに計画を組み立てられます。

■生活を変える、特別なきっかけ
月末、生活や健康に関して、考えを改めさせられるような出来事が起こるかもしれません。長いことやめなくてはと思いつつ、どうしてもやめられなかった習慣等があれば、このタイミングで「ケリをつける」ことができるかもしれません。不思議なきっかけから、新たな役割を担うことになる気配も。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定