「こんなはずじゃなかった、私の人生……」――。
 2016年3月、女性団体が、自らの意思に反してAV作品に出演させられた女性たちの存在を発表して以降、AV出演を強要された被害者の告発が続きました。
 AV女優とAV業界に何が起きているのか? その実状に迫った『AV女優消滅』の冒頭をお届けします。

スレンダーな元超有名女優が待ち合わせ場所に現れた

 2017年2月20日、渋谷で元AV女優と会うことになった。渋谷はAV業界の関連会社が密集し、路上スカウトの主戦場となる地域だ。会うことになったキッカケは成り行きだった。共通の知り合いを通じて元AV女優と名乗る女性からメッセージが来た。一言二言程度の文章を何度かメールでやり取りすると、“AV女優になったキッカケは、かなり強引なスカウトにあったから”だという。取材を依頼した。

「引退してから、現役のときもですが、きちんとAVの闇を話したことはなかったので、今回自分の中で少し整理ができそうです。良い機会をありがとうございます」

 すぐに、そう返信があった。数日後に会うことになった。居住するマンションは、渋谷駅徒歩圏にあるらしく、待ち合わせ場所に渋谷駅前にあるモヤイ像前を指定された。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中村淳彦『AV女優消滅 セックス労働から逃げ出す女たち』

日本の多彩なアダルトビデオはまさに百花繚乱、世界中に多くのファンを持つ。かつては暴力団が女性を斡旋し、資金源としたが、90年代後半から業界の体質改善が進み、自ら女優に応募する女性も増え、健全なビジネスに変貌を遂げたかに見えた。

しかし、2016年3月、女性団体が、自らの意思に反してAV作品に出演させられた女性たちの存在を発表。その後、被害者の告発が続く。AV女優が身を置く過酷な労働環境が表面化したのだ。東京オリンピックを控えた今、当局はAVへの取り締まりを強化する方針だ。瀕死寸前のAV業界生き残りの道を探る。

中村淳彦『職業としてのAV女優』
中村淳彦『ルポ中年童貞』