「こんなはずじゃなかった、私の人生……」――。
 2016年3月、女性団体が、自らの意思に反してAV作品に出演させられた女性たちの存在を発表して以降、AV出演を強要された被害者の告発が続きました。
 AV女優とAV業界に何が起きているのか? その実状に迫った『AV女優消滅』の冒頭をお届けします。

スレンダーな元超有名女優が待ち合わせ場所に現れた

 2017年2月20日、渋谷で元AV女優と会うことになった。渋谷はAV業界の関連会社が密集し、路上スカウトの主戦場となる地域だ。会うことになったキッカケは成り行きだった。共通の知り合いを通じて元AV女優と名乗る女性からメッセージが来た。一言二言程度の文章を何度かメールでやり取りすると、“AV女優になったキッカケは、かなり強引なスカウトにあったから”だという。取材を依頼した。

「引退してから、現役のときもですが、きちんとAVの闇を話したことはなかったので、今回自分の中で少し整理ができそうです。良い機会をありがとうございます」

 すぐに、そう返信があった。数日後に会うことになった。居住するマンションは、渋谷駅徒歩圏にあるらしく、待ち合わせ場所に渋谷駅前にあるモヤイ像前を指定された。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中村淳彦『AV女優消滅 セックス労働から逃げ出す女たち』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

目次

はじめに

第一章 人生が破壊された超人気AV女優

スレンダーな元超有名女優が待ち合わせ場所に現れた
現役時代は心を“無”にして過ごした
出演強要を告発するのは単体女優たち
複数の男たちに囲まれ、脅されて契約
殺されると真剣に思っていた
デビュー作の撮影に複数の男たちが押し掛ける
私の人生、こんなはずじゃなかった

第二章 納得して出演している女性ばかりじゃなかった

次々と逮捕されるAV関係者
呼びかけたわけではない。相談が来てしまった
積極的にAV出演する女性が増えたのではなかったのか
人間の哲学がテクノロジーに追いつかない
アダルトビデオは日本の男性社会の象徴
業界関係者は状況を把握できていない
性を買う側を社会的にどう考えるのか
AV出演強要問題はブラック企業問題と地続き

第三章 歌手になりたくてAV作品に出演

「私を取材しませんか?」と声をかけられる
口説き文句は“稼げる”から“有名になれる”へ
AV業界擁護派の意見は「それは自己責任」
感覚が麻痺するAV業界の日常
裸の世界は儲けることが正義
嘘の求人広告が多すぎる
「歌手へのステップ」という言葉を信じた
撮影が始まると現場の判断で中止にはできない
2本のAVに出演してもらったお金は5万円
これは性の問題ではなく、労働問題

第四章 人間扱いされないAV女優たちの絶望の系譜

マークスジャパン摘発の発端となったAV女優
被害女優をかつて取材していた
警察に駆け込んだ女性の現役時代の証言
テレビドラマの準主役を探している
悪い人ばかりで疲れちゃった
裸でカメラの前に立ってから負のスパイラルが始まった
頑張った先に芸能界はなかった
思いつめて絶望を告白する人気女優
人間花瓶にして肛門にドジョウを流し込む
1000万円を要求されて支払いました
AV女優は人間のようで、人間じゃない

第五章 普通の女の子をA V女優に導く暗黒のスカウト最前線

元プロダクションマネジャーの告白
「AV女優をやります」と女の子を頷かせるスカウトマン
社内で普通に輪姦していた
「輪姦」「場面」で女の子に恐怖を植えつける
視聴者の「いい女を出せ」の要求に応え続けた結果
AV女優になった女の子は利益が出るように気を使う
AV女優には情報を徹底遮断する
グレー産業が足並みを揃えるのは不可能
最近のスカウトの主流は「ネット」

第六章 「AV女優に人権を」業界でただ一人動いた元A V女優

AV出演者の権利を守るための団体ができる
AV業界は女性の人権には非常に鈍感
派遣法違反で摘発されて業界が動きだした
AV業界のグレーな歴史
マークスジャパン事件から意識が変わる
少しずつ前進するグレーからホワイトへの動き

第七章 AV業界が消える前に

提言を実現していかないと、業界は消滅します
政府、警察は本気
AV族議員の存在が必要
インフォームドコンセントの徹底で被害は減る
AVで生きる人の人生を否定してはいけない

第八章 強要問題はAV女優の反乱だった

企画単体女優の貧困
家賃4万円の風呂なしアパートに暮らす企画単体AV女優
AV業界は女優以外のセーフティネット
強要問題はAV女優の反乱だった

おわりに

中村淳彦『職業としてのAV女優』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

 

中村淳彦『ルポ中年童貞』
電子書籍はこちら
書籍こちら(Amazon)