写真:iStock

彼氏面男子、読モライター、社畜ポリス、駅で海藻のように揺れるカップルなど、これまで話題のバズワードを数々生み出してきたフリーライターの宮崎智之さんが、恋愛、仕事、悪女、マナーという4つの観点から現代社会をモヤモヤさせるものたちを分析、解体した、電子書籍『あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか』。「第三章 悪女編」から、「サークルクラッシャー」の生態に迫ります。

 

男は簡単に「こいつ、俺に惚れてるな」と思う

「サークルクラッシャー」の存在が認知され始めたのは、いつ頃からなのだろうか。寡聞にして知らないが、同一のグループ内で複数の色恋沙汰を起こし、人間関係を崩壊させるその存在は都市伝説的に語り継がれ、「オタサーの姫」や「ゲーセンクイーン」などという別名で呼ばれることもある。「男が集まるところに、サークルクラッシャーあり」といった感じだろうか。現在における悪女の典型だと言える。

2002年~2003年にかけて「ビッグコミックスピリッツ」に連載された漫画『サユリ1号』(村上かつら著)では、美少女・大橋ユキが京都の大学で数々のサークルを崩壊させていく様子が描かれている。サークルクラッシャー漫画の古典だ。

『サユリ1号』の主人公・上田直哉は、京都の大学で海洋冒険同好会の部長を務めている3年生。部長としてはちょっと頼りない部分もあるが、副部長を務める幼なじみ・児玉知子のサポートもあり、充実した学生生活を送っていた。

そんな折、サークルの新歓コンパに2年生の大橋ユキが現れる。ユキはミスキャンに選ばれるほどの美人であり、なによりも直哉が幼い頃からエッチな妄想の“おかず”にしていた、空想上の美少女・サユリと瓜二つだった。

そもそも2年生が、新歓コンパに来る時点で怪しい。なにか目的があるに違いない。しかし、理想の美少女を前にした直哉はのぼせ上がってしまい、案の定ボロカスにされてしまう。

そんな大橋ユキだが、海洋冒険同好会に現れる前は、なにをしていたのだろうか。彼女の正体を探ってみると、数々のサークルをクラッシュさせてきた過去が明らかになるのだった。

……といったところが、『サユリ1号』のあらすじだ。詳しくは、Kindle版が手に入るようなので、そちらをチェックしてみてほしい。作中では傍若無人なモンスターのごとく振舞う大橋ユキだが、詳しく分析してみるとサークルクラッシャー特有のパターンが見えてくる。

まず外見だが、すでに述べたとおりミスキャンにも選ばれる美人であるものの、どこか垢抜けない感じが残っており、いまどき“ポニーテール”や“素まゆげ”、“うすめ前髪”といったセンスは、同性の女からすると「ダサイ」ということになる。しかし一方で、男からすると「意外と地味でそそる」となるのがミソ。つまり、これはよく男の間で語られる「隙がある女はモテる問題」そのものなのだ。もとい、「俺でもいけそうな気がする問題」である。

男は美人が好きだ。しかし、美人すぎる女には気が引けてしまう。完璧に化粧を施した戦闘モードの美人は、極端な場合、男から“ビッチ”と認定されてしまうことさえあるのだ。女に免疫のない男には、特にその傾向がある。

そんなバカな男は相手にしないに限るが、大橋ユキは男の愚かさを熟知している。彼女は“絶世の美女”と呼んでいいほどの容姿の持ち主であることに加え、「俺でもいけそうな気がする」と思わせるのが天才的に巧い。

また、彼女は男のツボもよく心得ている。以前所属していたウィンタースポーツ愛好会では、部長の“バイブル”である漫画『三国志』を全巻読破。男は自分のマニアックな趣味を理解してもらえたと思った瞬間、「こいつ、俺に惚れているな」と思い込んでしまう。「そんなバカな!」と思った女性読者は、ぜひ試してみてほしい。9割がた筆者の指摘は当たっている。そして、複数の男にそう思わせるのが、サークルクラッシャーの手口なのである。

 

誰かが大切にしているものを壊す遊び

大橋ユキが狙いを定めるのは、こうしたバカで単細胞な男たちだ。同作に出てくる女性キャラクターによると、大橋ユキの最も厄介な点は、「憎たらしい」と大っぴらに批判できないところにあるという。大橋ユキの悪口を言おうものなら、男から「女の嫉妬」「ひがみ」とレッテルを貼られる。さらには味方になってくれるはずの同性も、自身のプライドを守るために“大橋ユキを肯定できる寛容な私アピール”に必死になり、援護射撃をしてくれない。

大橋ユキは付属校からの内部進学組であり、もともとの友人は遊び慣れたイケてる学生ばかり。しかし、恋愛に成熟したその集団は、彼女の標的にはならない。もてあそびがいがないからだ。彼女は、“格下”を相手に、破滅的な遊びに戯れ続けている。なぜ、そんなことに情熱を注ぐのかというと、一口に言ってしまえば“誰かが大切にしているものを壊すため”である。

印象的な場面がある。

大橋ユキが崩壊させたサークルの部室に、「連絡ノート」が落ちている。そこには、「岡田丸かじり事件、再びか!?」「スクープ アヤカちん髪を切る!」といった、他人が読んでも面白くもなんともない言葉が並んでいる。

大学生活なんて、だいたいそんなものだ。偶然に出会ったメンバーが、その出会いを“奇跡”だと信じ込みながら4年間を過ごす。客観的に見れば奇跡でもなんでもない、どこの大学でも量産されているような平凡なメンバーとの平凡な出会いを奇跡として有り難がり、思い出を築いていく。それは、決して悪いことではない。ほとんどの人間は、そうした平凡を積み重ねて人生を終えていくのだ。

しかし、大橋ユキが見たいのは、もっと「純度の高いモノ」である。サークルの同学年の男ほぼ全員と彼女が肉体関係を持っていたことを知って問い詰める女子メンバーに対し、大橋ユキは「これはあくまでも、あたしと男の子たちとの問題なんです」と言い放つ。

奇跡なんて、いくらでも塗り替えられる。“男の子たち”にとっては、大橋ユキとの出会いこそが“奇跡”なのであり、他のものは偶然そこにあるだけの背景になり下がる。たったそれだけのことを証明するために、彼女は突然サークルに現れて、クラッシュさせていくのだ。誰かの大切な“奇跡”を否定するだけのために。

そして、“自分だけの奇跡”を信じた“男の子たち”は、現実に再起不能になるまで打ちのめされ、サークルは崩壊していく。

 

大橋ユキの本当の恐ろしさ

さて、大橋ユキがサークルクラッシャーになってしまった原因はというと、いまいち判然としないものがある。彼女は親の仕事の関係で幼い頃から転校を繰り返しており、自身を母親が育てる植物と同じだと思っていたようだ。転居が多いため、鉢植えでしか育てられない植物。狭い空間の中、必死に根を張ろうとする苦しげな姿に、彼女は自身の境遇を重ねていた。深く地面に根を張るような生き方を、どこかで諦めてしまったのかもしれない。

……と、ここまで読んで、憤慨した人も多いはずである。「もっと大変な境遇で育った子どもは、いくらでもいる。それくらいのことで被害者ヅラをして、人様に迷惑を掛けるなんて許せない」と。そう思ったあなたは、残念ながらすでに大橋ユキの術中にハマっている。

転校を繰り返していた小学生時代の回想で、大橋ユキを妬んだ女子たちが男子に詰め寄るシーンがある。女子たちは、「あの子は性格が悪い」と告げ口し、男子に同意を求める。あまりの剣幕に、男子は少したじろいでいる。そんな様子を物陰から見て、彼女はこう思う。

あーあー
そんなの逆効果なのになぁ。
男のコは女のコがいがみ合っている場面が苦手なの。
そういう怖い顔みると逃げ出したくなるの。
…自分がニコニコかわいく在れば、それでいいのに…
いつだって、被害者ヅラを忘れずに♡

男の筆者から見て、彼女の言うことには一理あるような気がする。怒っている女のコは怖い。しかし、そう思った時点で、筆者自身も彼女の術中にハマったバカな男の一人なのだ。

***

つづきは「あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか(完全版)」、あるいは「あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか(悪女編)」をお読みください。

<お知らせ>
10月9日19時~より、刊行記念イベント「あなたのモヤモヤをすっきりさせNight!」を開催します。モヤモヤを解消しにぜひいらしてください!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

宮崎智之『あの人は、なぜあなたをモヤモヤさせるのか 完全版』
→幻冬舎plusで試し読み・購入する
→Amazonで購入する

どこかで災害が起きると、笑顔の写真をSNSにアップすることは不謹慎にあたるのか?
スーツ姿にリュックは非常識なのか?
職場でノンアルコールビールを飲むことは許されないこと?
やっぱり男が女におごらねばならないのか?
……などなど、その線引きがよくわからない現代社会のルール。
最近は、ますます複雑化しています。
本書は、恋愛、仕事、悪女、マナーの4つの角度から、世の中の「普通」を解体。
スッキリとタメになる、現代を生きるための必読書。