※このプレゼントの応募期間は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

舞台挨拶の様子。登壇者が現れると、4000名の観客からどよめきが。

「嵐」の二宮和也さん主演映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」の完成披露試写会が9月25日に東京・国際フォーラムにて開催され、二宮和也さん、西島秀俊さん、綾野剛さん、宮崎あおいさん、西畑大吾さん、滝田洋二郎監督が登壇しました。

「『ラストレシピ』はどういう映画なの?」と嵐のメンバーから聞かれると、「お料理エンタテインメントだよ」と答えてきたという二宮さん。本作では、すべての味を記憶し再現することのできる、絶対味覚=麒麟の舌を持つ料理人、佐々木充を演じます。

 原作を手がけるのは「料理の鉄人」など数々の話題番組を手がけてきた田中経一さん。幻冬舎文庫『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』(原作者のサイン入り)を10名様にプレゼントします。

※このプレゼントの応募期間は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

 映画は11月3日(金)全国公開です。

※2017年10月10日(火)23:59締め切り
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※送付先のお名前は会員登録時のお名前を使用させていただきます。変更がある方はログインのうえ、マイページからご変更ください。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。
※賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
※賞品の換金・譲渡はできません。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

原作本

田中経一『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

第二次大戦中に天才料理人・直太朗が完成させた究極の料理を蘇らせてほしいと依頼された、絶対味覚=麒麟の舌を持つ佐々木充。
彼はそれを"再現"する過程で、そのレシピが恐ろしい陰謀を孕んでいたことに気づく。
直太朗が料理に人生を懸ける裏で、歴史をも揺るがすある計画が動いていたのだ。
美食に導かれ70年越しの謎に迫る、感動の傑作ミステリー!