毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.09.14

仕事での発電は充電になる

はあちゅう

仕事での発電は充電になる

スポーツや音楽の世界では、1日練習を休むと取り戻すのに3日かかる、などと言われてきました。これは仕事でも同じかもしれません。勘を鈍らせないためにはあちゅうさんが意識していることとは――?

仕事の足を完全に止めない

親しいブロガーさんがメルマガで
「一度下がった生産性は、簡単には戻らない」
と書いていた。

これは本当で、
一度電源をオフにしてしまうと、
再起動には時間がかかる。

学生時代は陸上部にいたのだけれど
マラソンはいったん止まるともうダメだ。
足をひきずってでも前に進むのが何より大事で、
いったん止まると「もうやめよう」と
逃げることばかり頭で考え続けてしまう。

仕事にも同じことがいえるかもしれない。
私の場合は、仕事を詰めすぎて、
息苦しくならないことは意識しつつも、
仕事を休みすぎることはないようにしている。

そのために、毎日更新する必要がある
noteやSNSなどで考えたことを外に出す。
書くことは、ちょっと休むと途端にコツを見失う。

書き進めていた小説は設定を忘れるし
コラムは切り口を思いつけなくなるし
使いたい単語がなめらかに出てこなくなる。

だから、お休みの日でも
ジョギング程度にゆるやかに仕事はしている。

もちろんタイプは人それぞれだから、
がっと集中して仕事をして、
あとは完全に忘れて休むほうが
生産性高く動ける人もいると思う。

けれど、仕事をしているほうが
精神が安定する私と同じタイプの人は
あまり休みすぎると
不安になったり生産性が一時的に落ちたりすると思う。

私と同じタイプの人は、動き続けていると
アドレナリンが出て自家発電が起き、
むしろ充電されるのではないだろうか。

私はよくツイッターに仕事論とか
人生論めいたものを書き込んでいるけれど
書いていることの半分は、
自分に言い聞かせていることだ。

誰かにお説教をしたいわけではなくて
こうありたいという内容をつぶやくことで
自分にはっぱをかけている。
そうやって自分で自分に言葉をかけて
頭をオンの状態にしておくことが
私にとって何よりの充電になっている気がする。


<私の仕事アイテム18>

 

紙の手帳。目の前のやるべきことや予定は
デジタルの手帳(グーグルカレンダー)
に書いて、やりたいことや、
一日の振り返りなどの日記要素は
紙の手帳に書いています。

※プロデュースしている
「週末野心手帳2018年版」、9月22日発売です。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

はあちゅう/藤沢数希『男と女がいつもすれ違う理由』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


はあちゅう『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


はあちゅう『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

はあちゅう/DJあおい『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • シリーズ累計13万部のベストセラーの第二弾!
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
裏切り、襲撃、誘拐と、手に負えない困難ばかり……。ドキドキ青春サスペンス
清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!