課金にキレがねえ。

もちろんしていないわけではない、息をするようにしている。
だがその課金を一言で表すなら「残尿」だ。

もっと、ナイアガラからの血尿、そしていきなり一滴の漏れもなくピタっと止まる、そんな尿道括約筋の躍動を見せ付けるようなダイナミズム溢れる課金をしていない。

前にそんな「SHOW」をしたのは、忘れもしない3月の「FGO土方歳三ガチャ」である。
あの時は血尿どころか赤玉まで出てくるイリュージョンぶりだった。
その時の傷は塞がるどころか、日に日に腐ってきている。
その後悔はもちろん「なんであんなに回してしまったのか」ではない「なぜあの程度で回すのをやめてしまったのか」である。

あの時は「出し切った」と思った、しかし、まだ空気とか出せたはずである、股間から空気が出る=吹き矢を飛ばせる=風船を割ることが出来る(推しが出せる)などという方程式、未就学児でも知っている。
自分が6歳児以下だったせいで、今もそれを嘆き続けているのだ。

それ以外、最初言った通り課金に気合というものが入っていない。
キンプラ冒頭のヒロぐらいダメだ。

このキャラ一応欲しいからとりあえず回してみよう、出なかったのでもう一回回そう、結局出なかったが、そこまで欲しいわけではないので、ここでやめよう、そんな惰性の課金ばかりである。
そんな、土方ショック以来の尿漏れ課金がいくらになっているか全然計算してなかったので改めて数字を出してみた。

163,080円である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

<カレー沢薫さんの新刊はこちら!>

カレー沢薫『カレー沢薫の廃人日記 ~オタク沼地獄~』

「人生で大事なことは、みんなガチャから教わった」
連載中から人気沸騰!
ガチャ課金沼にはまりこんだカレー沢薫がその有様を綴った一大叙事詩!

カレー沢薫さんの最新エッセイ集。テーマはずばり「沼」! 本書は「愛の巻」「金の巻」の2章立てになっているのですが、主に前章は「刀剣乱舞のへし切長谷部はとにかくやばい」ということ、そして後章は「どうやったらFGOで土方さんが出せるのか」ということしか語ってません。それだけなのになぜこんなに深くてこんなに笑えるのか。特に読みどころは、ツイッターでもリアルタイムで話題になっていた人生を掛けた土方さんを出すための闘いっぷりです。とくとご覧ください!