毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.09.10

山好きも、山初心者も必見! 47都道府県「日本百低山」ガイド その40

福岡の「名低山」は、宝満山、犬ケ岳。

福岡の「名低山」は、宝満山、犬ケ岳。

北海道から沖縄まで、ふるさとの「名低山」100座を山岳ガイド協会所属のプロが紹介した『日本百低山』(日本山岳ガイド協会編)より、各都道府県の「名低山」をご紹介。
第40回は、福岡の「名低山」宝満山、犬ケ岳から、「宝満山」を。

宝満山 homanzan 太宰府市、筑紫野市 829m

歴史に彩られた史跡の山
梅の香に包まれる天満宮

歴史と伝説に彩られた山だ。7世紀に置かれた大宰府と密接な関係がある。大宰府の鬼門(北東)方向にあることから厄よけの神を祭った。最澄が参拝して遣唐使の平安を祈願したという。修験、信仰の山として発展、遺構も多く、国の史跡指定を受けている。

太宰府天満宮は、この地で亡くなった菅原道真を祭る。学問の神様として名高い。国の重要文化財の本殿は、道真の墓の上に建てられている。

西鉄太宰府駅から天満宮に向かう。早春なら、左遷された道真を慕って都より飛んできたという飛梅をはじめ、6千本の梅が境内に咲き、芳しい香りに包まれる。

社殿の裏へ回り、舗装道路を右へ、約2キロで正面登山口の竈門神社に着く。本殿の左から車道に出て、1合目の鳥居から林に入り、林道をしばらく行く。池のそばで左に登山道が分かれる。林道を横切って進むと林道終点に出て、ここから照葉樹林の道となり、自然石の階段となる。すぐ上に一の鳥居、2合目標識がある。20分程石段を上ると3合目の水場に着く。

ここから杉木立の中の急坂となる。5合目を過ぎて、百段ガンギと呼ばれる切石の整然とした石段が現れる。これを上りきると坊跡が多い西院谷。さらに10分程で7合目。竈門山碑という石碑のある中宮跡に出る。平たんな道を過ぎ少し下ると、道は三つに分かれる。右はキャンプセンターへ。左は羅漢道へ。真ん中が正面道である。大きな花こう岩の岩につけられた階段を上り、竈門岩を過ぎ、袖すり岩を抜け、急な石段を上りきると山頂だ。竈門神社の上宮がまつられている。

露岩の山頂は360度の展望だ。福岡市内から玄界灘、壱岐島、筑紫平野、そして英彦山系が連なる。冬場は九重連山はじめ条件次第で阿蘇山の噴煙も望めるだろう。

下山は来た道を帰ってもよいが、山頂直下にはキャンプセンターがあり、水場やバイオトイレがある。鎖のついた石段を下り、尾根道から右へ分かれる道を下るとキャンプセンターに着く。ここからは中宮跡へ続く、女道をたどり下山する。
(日本山岳ガイド協会正会員 浦一美)

ガイドの目
西鉄電車で太宰府駅まで行けるので、利便性が高く、一年を通して登山者でにぎわっている。竈門神社にはトイレがあり、出発前に使うとよい。2合目からは樹林の中となる。階段が延々と続くため、こまめに水分の補給をしてほしい。3合目の水場では空いた水筒に補給をすること。
正面道周辺には修験者達の活動場跡が数多く残る。1982年には峰入りなど山伏の行事が復活した。また、江戸時代から縁結びの山として知られ、若者の登山も多い。
下山後、天満宮に寄ってみよう。参道で焼かれている「梅ヶ枝餅」は道真公を慰めたというお土産として有名である。

参考タイム
西鉄太宰府駅(40分)−竈門神社(30分)−一の鳥居(55分)−中宮跡(20分)−山頂(10分)−キャンプセンター(20分)−中宮跡(1時間)−竈門神社

 

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • シリーズ累計13万部のベストセラーの第二弾!
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
裏切り、襲撃、誘拐と、手に負えない困難ばかり……。ドキドキ青春サスペンス
清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!