今回の回答者は岸見一郎さんです。
 

◎相談(とら子・なし・66歳・女性・東京都)

 映画の専門学校を卒業後、映像関係の会社に就職したが、ADの仕事で、寝る時間もなく、家にもほとんど帰れず会社に寝泊まりしていて、起きられずに、撮影に遅れて、解雇されました。その後、アルバイトしながら、友達の撮影を手伝ったり。

 単発で、発表会のDVD製作を依頼されたりしていたが、5年前に、映像関係の派遣会社に登録し、テレビ局の下請け会社に非正規雇用で働いていました。いつか正社員にしてもらえるかもと、思っていましたが、どうやらその望みはないと見切りをつけたのか、息子は今年の10月で派遣を辞め、独立して、フリーの映像プロデューサーになるといっています。仕事は日本全国を歩き民話の語り部さん撮影しDVDを製作し、製作費をいただくということです。

 母親とては、到底、そんな仕事で、食べていけるとは、思えず心配しています。今、息子は都内のアパートで一人暮らしですが、独立後、家賃や健康保険、国民年金など、親が出してあげたほうがいいのではないかと悩んでいます。
 

◎お答えします(今回の回答者:岸見一郎)

最近では、過労死の問題があって、親は子どもがどんな仕事しているかを知っておくべきだと考えるのはある意味当然でしょうし、子どもから仕事のことを聞かされ心配であるお気持ちはわかります。

 しかし、多忙なADとして働いていた会社は幸い解雇されたのであり、目下の心配は過労ではなく、会社に正社員として就職しないで、フリーのプロデューサーとして食べていけるかということです。
 学校を卒業後、これまでも自分で生計を立ててこられたのであれば、これからも心配することはないというのが合理的な結論です。
「だから、何も心配しなくていいですよ」。そういって、話を終えられたらいいのですが、話をここで終えるわけにはいきません。 なぜなら、息子さんはこれからも自分で生計を立て、問題なく生きていかれるかは、私が太鼓判を押すことはできないからです。親も同じです。親とて、子どものこれからの人生がどうなるかはわかりません。だから、心配なのだといいたいのでしょうが。

 それでは、親として何かできることがあるのか。これが問題です。率直にいって、何もありません。親が子どもの仕事に口出しをすることはできないからです。どんな仕事をするかは子どもにしか決められません。

 仕事がうまくいかなかった時もそのことの責任は自分でしか取れません。実際、起きられず撮影に遅れた時は仕事を辞めなければならなかったのです。
 親ができることがあるとすれば、何かできることがあるかとたずねることです。その問いに対して、こういうことをしてほしいという答えがあり、それが親のできることであれば子どもを援助することはできます。

 しかし、そのような手続きを経ても、実際には、親ができることはありません。遅刻してはいけないから、朝、電話をしてほしいといわれたら電話をしますか?家賃を払ったり年金を払ったりすることも基本的にはモーニングコールをするのと同じなのです。

 まして、頼まれもしないのに、家賃や年金を払うと申し出れば、自尊心の強い子どもであれば、親からそのような援助をされることを潔しとはしないでしょう。親が自分を信頼していないことが伝わるからです。もしも、これまでも親に頼ることを当然だと思っていたのであれば、親がそのようなことを申し出れば、いよいよ依存的になるでしょう。親が何とかしてあげようと思っているうちは、子どもは真剣に自立しようとはしないのです。

 私が援助しなくても、自力で生きていけると考えて、今は何もしないことをお勧めします。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載がついに電子書籍化!

藤田晋『藤田晋のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


三砂ちづる『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


藤原美智子『藤原美智子のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


幻冬舎で「人生相談」お悩み募集!

「かけこみ人生相談」では、皆さまが今直面しているお悩みを募集しております。仕事、家族、お金、健康など、ジャンルは特に問いません。

ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。お悩みには、橋本治さん(1948年生まれ。小説・評論・戯曲など、縦横無尽に創作活動を展開)、三砂ちづるさん(1958年生まれ。津田塾大学教授。世界のお産・子育ての研究をとおして女性の生き方を提案)、藤原美智子さん(ヘア・メイクアップアーティスト。美容の技術から生き方まで幅広く支持される)、藤田晋さん(1973年生まれ。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。起業家のトップランナー)、岸見一郎さん(1956年生まれ。哲学者。アドラー心理学の第一人者)の5名の人生の達人にご回答いただきます。

→応募はこちら