毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.08.20

山好きも、山初心者も必見! 47都道府県「日本百低山」ガイド その19

山梨の「名低山」は、日向山、石割山。

山梨の「名低山」は、日向山、石割山。

北海道から沖縄まで、ふるさとの「名低山」100座を山岳ガイド協会所属のプロが紹介した『日本百低山』(日本山岳ガイド協会編)より、各都道府県の「名低山」をご紹介。
第19回は、山梨の「名低山」日向山、石割山から、「石割山」を。

石割山 ishiwariyama 山中湖村、忍野村、都留市 1412m

眼前に富士、眼下に山中湖
石割のパワースポットも

石割山は、山中湖北岸から道志山塊に連なる尾根の中央に位置する信仰の山で、8合目の石割神社が山名の由来。西に続く尾根はカヤトが覆い、富士山を眼前に眺めて冬場でも爽快な展望ハイクを約束してくれる。

富士急行富士山駅から平野行きバスの終点で下車。左に道志村方面への標識が立つ国道を10分ほど進むと石割ハイキングコース入口バス停(本数は限られている)がある。角に石割神社前社があり、左折して林道を進む。やがて赤い鳥居の登山口が現れる。ここはトイレがあり、約10台駐車可能な広場となっている。

鳥居をくぐり、いきなり一直線に400段を超す急勾配の階段だ。上り切るとあずまやで、山頂が目前に見える。尾根上の登山道をしばらく進むと巨岩を祭った石割神社奥社に出る。岩の正面が「石」という字の形に割れているためその名があり、巨岩がご神体である。無病息災、開運、勝負運の神として御利益があるとされ、言い伝えでは、岩の隙間を3回通ると運が開けるという。このごろはパワースポットとして人気を集める。

登山道は神社から一段下り、ササと雑木の山腹を左に行き、最後に滑りやすい急登を越すと山頂へ飛び出す。眼下には山中湖、南西に富士山と周辺の山々、北西には御坂山塊の上に南アルプス全山の大パノラマが展開する。これから下る尾根道もよく見渡せる。

富士山を真正面に仰いで南西に本コース一番の急斜面を下る。下りたった鞍部からは右に忍野集落を隔て杓子山などが望める。小さな上り下りを繰り返すと、草原状の平尾山に着く。カヤトの中、木組みの階段を一気に下り、芙蓉台別荘地の舗装道を横断して、階段状を上り返し、大窪山を越えると、なだらかな草原状の大平山に達する。真正面に富士山、眼下に山中湖がまぶしい。

さらにまっすぐな階段状を下り、小さなピークを越え、右の忍野分岐、左の湖畔分岐を過ぎ、直進すると車道に出る。ホテルマウント富士の前を通り、道なりに下ると山中湖畔に出る。右に10分ほどで国道、バス停は目と鼻の先だ。本数も多い。
(日本山岳ガイド協会正会員 大蔵喜福)

ガイドの目
登山口からいきなり403段の階段。ここで頑張ってしまうとこたえる。会話を楽しむ程度のゆっくり、かつ狭い歩幅でウオーミングアップといこう。特に冬場は、汗はほどほどでなければアンダーウエアがぬれて寒さを覚える。登山用のぬれない機能のものを。また雨具は防寒具としても使える。この二つは登山専用をお薦めする。冬季は雪や霜柱が解け登山道が滑りやすい。上り下りはストックを使ってバランスよく歩こう。安全のため靴に装着する雪上用滑り止めチェーンを使う手もある。
平野まで新宿から高速バスもある。

参考タイム
平野バス停(30分)−登山口広場(40分)−石割神社奥社(20分)−石割山(30分)−平尾山(35分)−大平山(30分)−長池山(35分)−車道(35分)−バス停

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!