毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.08.13

山好きも、山初心者も必見! 47都道府県「日本百低山」ガイド その12

千葉の「名低山」は、大福山、富山。

千葉の「名低山」は、大福山、富山。

北海道から沖縄まで、ふるさとの「名低山」100座を山岳ガイド協会所属のプロが紹介した『日本百低山』(日本山岳ガイド協会編)より、各都道府県の「名低山」をご紹介。
第12回は、千葉の「名低山」大福山、富山から、「富山」を。

富山 tomisan 南房総市 349m

絶景、海を隔てた富士
『南総里見八犬伝』の舞台

富山と書いて「とみさん」と読ませるこの山は房総半島の南端に近く、内房の海に近い。山体は北峰と南峰の双耳峰で、天候に恵まれれば浦賀水道や三浦半島を隔てて富士山の絶景を楽しめる。また、江戸時代の作家、曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』の舞台となった山でもある。

登山コースは3ルートが考えられる。今回は反時計回りに、登山口から福満寺を経由して南峰から北峰へとたどり伏姫籠穴経由で登山口へと戻る周回コースを紹介する。登山口は富山中前バス停。マイカー利用なら、ここに30台ほどの無料駐車場がある。電車なら、JR内房線の岩井駅から徒歩20分ほどだ。登山口前の県道を東へたどると、福満寺・富山遊歩道への入り口の標識があり、これに従い左に折れるとすぐに仁王門のある福満寺。境内を抜けて登山道に入ると、ほどなく1合目の標石が現れる。この先は、この「合目石」
に導かれて進む。5合目からは本格的な登りが始まり、階段の急登が続く。所々にベンチ
があり、7合目辺りで休憩するといいだろう。ここまで来れば山頂まではもう一息、わず
かの急登で仁王杉だ。南峰へはここから往復するが、頂上は樹林のため展望はない。

仁王杉へ戻り、南峰の東側を巻きながら下ると北峰との間の鞍部に出る。伏姫籠穴への
下山路分岐でもある。北峰へは直進し、南総里見八犬士終焉の地の標柱を過ぎてひと登り
で標高349メートルの三角点のある北峰頂上である。展望台に上れば、房総の山並みと
複雑な海岸線を描く海、そして富士山と、大パノラマが広がる。三角点は電波塔の裏にひ
っそりたたずむ。帰路は、先ほどの分岐まで戻り、ひたすら丸太階段の急坂を下ることし
ばしで、林道終点の登山口に飛び出す。ここからは林道を緩やかに下っていけば、伏姫籠
穴の入り口にたどり着く。

『南総里見八犬伝』で安房の里見家の伏姫が、飼い犬の八房とともに暮らすことになった
のがこの洞窟で、そこから物語が展開する。往復10分ほどなので足を向けてみよう。その
後はスイセン畑を横目に車道を下れば、出発点の富山中前の登山口に出る。
(日本山岳ガイド協会正会員 下瀬雅史)

ガイドの目
冬や早春の日だまりを楽しみたい。コース全体に危険箇所はなく、標識も整備されていて迷う場所はない。ただ、下山路の丸太階段は雨でぬれると滑りやすいので注意したい。また早朝や夕暮れの富士山を眺めるには、ヘッドランプは必携だ。
山中に水場はない。トイレは福満寺と伏姫籠穴入り口に、そして簡易トイレが八犬士終焉の地広場にある。
コース沿いにはスイセン畑が点在しており、早春の頃に訪れれば、白い花と香りが楽しめよう。

参考タイム
富山中前登山口(1時間30分)−仁王杉=南峰往復10分=(15分)−北峰(25分)−林道(20分)−伏姫籠穴入り口(15分)−富山中前登山口

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 過敏な人が、幸福で充実した人生を送るためのヒントを満載。
  • シリーズ累計13万部のベストセラーの第二弾!
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
過敏な人が、幸福で充実した人生を送るためのヒントを満載。
異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!