◯『プラージュ』誉田哲也(Amazon) 
「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」
8月12日(土)スタート 毎週土曜 夜10:00よりWOWOWプライムにて放送(全5話)[第1話無料]

 

 

 そんなことを考えていると、ふいにひらりと、一つ向こうの出入り口でカーテンが揺れた。
 そこから出てきたのは、まず、ノースリーブの肩だった。
 細く、白い腕。続いて、大きくウェーブした栗色の長い髪。その長い髪でも隠し果(おお)せないほど、大きく背中の開いたワンピース。出たところで軽やかにターンすると、生地の薄い裾がふわりと広がり、腰から下のシルエットが、向こうの窓から射し込む明かりで浮き上がり、淡い影となって映った。
 夏の、貴婦人──。まだ四月で春だけど、でも、彼女の纏(まと)っている空気は、間違いなく夏だった。
「ああ、シオリさん。いたの」
 そのジュンコのひと声で、彼女がこっちを振り返る。
「あら……新入りさん?」
 さらりと乾いた、高い声だった。そのまま風に運ばれるように、素足の彼女が、ワルツのステップで近づいてくる。
 貴生は、なぜか固まってしまった。挨拶(あいさつ)も、会釈(えしゃく)程度のお辞儀すらもできなかった。
 せまい廊下を進んできた彼女は、貴生の肩に軽く触れ、耳元に口を寄せてきた。古い映画を観ているようだった。でも続く場面が思い出せない。次に彼女は何をするのか。どんな台詞(せりふ)を聞かせてくれるのか──。
「可愛い新入りさんね……」
 吐息が甘く、バラのように香る。
「いいこと、教えてあげる……ここって、夜這(よば)いし放題なのよ」
「ちょっと、シオリさん」
 そんなジュンコの声など、貴生の耳にはまるで入らなかった。
 もう、ここしかないと思った。
 壁紙の白が、バラ色に染まって見えた。
 

 

※物語の続きは『プラージュ』(誉田哲也)で、連続ドラマW「プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」と合わせてお楽しみください。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

誉田哲也『プラージュ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)