毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.08.12

執行猶予中の貴生(星野源)は、たった一つの拠り所だったアパートを火事で失い…(2)

執行猶予中の貴生(星野源)は、たった一つの拠り所だったアパートを火事で失い…(2)

◯『プラージュ』誉田哲也(Amazon) 
「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」
8月12日(土)スタート 毎週土曜 夜10:00よりWOWOWプライムにて放送(全5話)[第1話無料]

 

 

 警察に保護され、決して愉快とはいえない事情聴取を耐え抜き、ようやく解放された頃にはすでに昼近くになっていた。
「……冗談じゃねえっつーんだよ」
 貴生にとって、あのアパートの部屋はたった一つの拠(よ)り所だった。あの部屋があるからこそ、自分はやり直せると思えた。比較的短期間のうちに、これまでとさほど変わらない人生に復帰できると信じられた。だがそれが、まさか焼けて、あっという間に消えてなくなってしまうなんて──。
 仕方ない。今の自分は、住まいがなくなったからといってフラフラと友達の家を渡り歩ける立場ではない。手続きは、きちんとしておかねばなるまい。
 貴生は歩きながら携帯電話を取り出した。メモリーから「小菅大作(こすげだいさく)」を選び出し、コールボタンを押す。小菅って名前も洒落(しゃれ)にならんな、などと思っていたら、コール音は二回で途切れた。
『はい、もしもし』
「あ、あの……吉村(よしむら)です。吉村、貴生です」
『うん、どうした。仕事、見つかったかい』
「いや、そうではなくて……それよりも、ちょっと、マズいことになりました」
 簡単に事情を話すと、小菅はすぐにくるよう貴生に告げた。
 小菅の自宅はそこからバスで五分ほど。住所でいうと大田区東蒲田(おおたくひがしかまた)。小菅自身は日焼けした「ひょっとこ」のような、ひょうきんなんだか貧相なんだか分からないなりをしているが、あれでも地元では名士なのだという。実際、住まいは大層なお屋敷だし、車はベンツとレクサスと軽ワゴンの三台を所有。犬はパグと柴犬を飼っている。庭の池には錦鯉(にしきごい)もウジャウジャいる。
 立派な門柱に仕掛けられた呼び鈴を押すと、《はい、どちら様でしょう》とお手伝いさんの声が応えた。
「こんにちは、吉村です」
《ああ、吉村さん。今すぐお開けします》
 門扉(もんぴ)が自動で開き、玉砂利の敷かれた庭を横目で見ながら玄関まで進み、
「いらっしゃいませ。どうぞ、お上がりください」
「失礼します」
 いつもの書斎に案内された。小菅自身は応接セットのソファにおり、テーブルにはなんと、すでにカツ丼が二人前用意されていた。
「大変だったね。ま、まずは食べなさいよ」
「すいません……ありがとうございます、いただきます」
 ちょうど朝から何も食べていなかったので、そのカツ丼は本当に嬉しかった。
 だが「食べなさい」といったわりに、小菅は次から次へと質問を浴びせてくる。お陰でちっともカツ丼を口に運べない。
「火事ってなに、全焼しちゃったの?」
「いえ、程度でいったら半焼なんでしょうけど、火元が俺の部屋の真上だったんで。たぶん、家財道具も何も水浸しだと思います」
「そのわりには、ちゃんとした恰好してるじゃない」
下はパジャマ代わりのジャージだが。
「まあ……バッグと上着だけは、とっさに持って出られたんで」
「財布とか通帳とかは」
「通帳はないですけど、カードがあるんで。財布は持ち出せたんで」
「住むとこ、どうするの」
 だから──。
「……まさに、それをご相談に伺ったんですが」
 小菅は「んん」と、肯定とも否定ともとれない半端な角度で首を傾(かし)げた。
「住まいか……それが何より、難しいんだよね」
 そんなことは分かってる、分かってるからわざわざ相談にきたんだろうが、と喰って掛かりたい気持ちをぐっと抑える。
「そこをなんとか。事情を酌(く)んでくれる不動産屋さんとか、ご紹介いただけませんか」
「そうだよね。問題はそこだよね……執行猶予中だもんねぇ」
 執行猶予中だからこそ、保護司のあんたに相談にきてるんじゃないか、じゃなかったらあんたみたいな焼けひょっとこの顔なんざ拝みにくるか──というのも、思っただけで呑み込んだ。
 だが小菅は、ぺろりと小皿の沢庵(たくあん)を一枚口に入れたところで、何やら思い出したように視線を上げた。
「あ、そうだ。スギイさんに訊いてあげようか」
 そのスギイさんが何者かは知らないが、
「すみません、お手数をお掛けします。ぜひ、よろしくお願いします」
 貴生は慌てて丼(どんぶり)と箸(はし)を置き、額が膝につくまで深く頭を下げた。
 足元、古い市松模様(いちまつもよう)の床板が、今日はなんだかとても愛おしく思えた。

 

★がついた記事は無料会員限定

誉田哲也『プラージュ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!